奈良県桜井市・赤尾熊ケ谷古墳群

量産化直前の国産鏡出土


●奈良県桜井市 赤尾熊ケ谷古墳群

●2003年2月8、9日 桜井文化財センターで遺物展示/桜井市文化財協会

 土地区画整理事業にともない、鳥見山東の丘陵先端部を調査、古墳4基、土壙墓などの周辺埋葬施設を検出しました。

1号墳/13m×15mの方墳、木棺直葬

2号墳/15m×16mの方墳、木棺2基直葬、布留1式土師器、鉄製武器、玉類、量産化への過渡期的デザインをもった国産の内行花文鏡が出土

3号墳/15m×16mの方墳、木棺直葬、玉類多数出土、刻印のある円筒埴輪は同じマークのものが小立古墳でも出土

4号墳/径7mの円墳、無袖式横穴式石室(現存長3.2m)

その他/木棺直葬墓4、土壙墓1基を検出。

現地はすでに破壊されていました。


inserted by FC2 system