兵庫県尼崎市の古墳


大塚山古墳

 尼崎市南清水のJR猪名寺駅東200mの大塚山公園内にあります。もと、全長45mの周濠をもつ前方後円墳で、昭和初期に土取りで墳丘がほとんど失われましたが、その時の調査で粘土槨と木棺が検出されました。六世紀前半の築造です。現在、墳丘が実物の1/2サイズで復元されています。

1/2サイズの復元墳丘

復元図

南清水古墳

 尼崎市南清水、大塚山公園の南200mの須佐男神社境内にあります。東西に主軸を置く全長40mの帆立貝式古墳で、周濠が巡っています。墳丘上には神社が建ち、原型はかなり失われています。

 

岡院(ごいん)石棺

 尼崎市御園の阪急神戸線のすぐ北にあります。元、用水路の橋として使用されていました。長さ191.7cm、幅81.2cmの凝灰岩製の蓋石で、表側がコンクリートで固められているため、何型かは不明ですが家形っぽいですね。

 

御園古墳

 尼崎市塚口本町の岡院石棺西300mにあります。墳丘は墓地となっており、現在三菱電機伊丹製作所の敷地内部に島状に取り残されていて、周囲を工場に囲まれています。東西に主軸を置く全長60mの前方後円墳で、かつて組合せ式石棺が出土し、覆屋に保存されています。長さ215cm、幅120cm、高さ110cmで蓋石には縄掛突起がついています。

伊居太古墳

 尼崎市下坂部四丁目の伊居太神社境内にあります。原型がほとんど失われていますが、南面する全長92mの前方後円墳と考えられています。南側にも二基の小古墳があったようです。

 

大井戸古墳

 尼崎市南武庫之荘の大井戸公園内に保存されています。径13mの円墳で全長6m、幅1.5mの横穴式石室が調査で確認されましたが現在埋め戻されています。

 

水堂古墳

 尼崎市水堂町の須佐男神社境内にあります。全長60mの前期の前方後円墳で粘土槨に割竹形木棺が見つかっています。黒塚古墳と同型の三角縁神獣鏡が副葬されていました。墳丘の上に保存館があり、主体部が保存されているのかも知れません。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system