三重県津市(旧安濃町・河芸町)の古墳


明合古墳群 【管理人推薦】【国史跡】

 旧安濃町田端上野、安濃中央総合公園の東にあります。主墳は一辺60m、二段築成の方墳の南北両辺中央に造り出しがつく「双方中方墳」で円筒埴輪列、葺石、周濠が確認されます。周囲には5基の小方墳が巡っており、陪塚と見られます。

主墳

2号陪塚


大名塚1号墳 【管理人推薦】

 旧安濃町草生、旧役場から西へ2km、山出バス停から北側に石室が見えています。径23m、高さ4mの円墳で、横穴式石室は全長8.95m、玄室長4.55m、幅1.9m、高さ2.9m、羨道長4.2m、幅1.4m、高さ1.7mの規模の両袖式です。中勢地区では最大の石室です。北隣に2号墳がありますが、低い墳丘が残っているだけです。


朝日山古墳群

 旧安濃町草生の山出地区から野口地区にかけての経ヶ峰東麓斜面に分布する現存14基の群集墳で、4支群に分かれています。経ケ峰口バス停から、山へ向かって150mほど進んだ道沿いに説明板があり、そこから北の山林中に展開しています。

 

 ■A支群

 最も北に位置し、中腹平坦面に4基並んでいます。A1号墳のみ石室が完存。群中、最大の石室です。A2〜4号墳は石材が散在しています。

 ■C支群

 説明板から西に山道を登っていくと、上の方に石室が完存するC2号墳が開口しています。隣接するC1、3号墳は石室が崩壊しています。

 ■D支群

 説明板のすぐ北側一帯に現存6基が密集しています。石室が完存しているのは、D6号墳のみで、D1、2号墳は石室崩壊。D3〜5号墳は埋まっています。

左/D2号墳

下/D6号墳


平田古墳群

 長谷山の麓、旧安濃町妙法寺の団地ピュアタウン建設に伴い調査された群集墳ですが、五世紀後半〜七世紀後半の200年間にわたって、連綿と築かれ、円墳・方墳40基、土坑墓40数基、小石室十数基からなります。竪穴系横口式石室や磚槨墳などが発見されており、渡来系氏族とも関係が注目されます。現在、団地内の二ヶ所の公園に計7基の古墳が保存されています。また、12号墳の磚槨式横口式石槨が、明合古墳のとなりの公園に移築されています。

団地内に保存された古墳群

12号墳


千松谷古墳

 旧河芸町杜の街一丁目の団地内にある「せせらぎ公園」の中に保存されています。丘陵上に築かれた径20mほどの円墳と思われますが、詳細は不明です。

   


西毛谷遺跡

 旧河芸町杜の街、2015年に中勢道路の予定地内の調査で、古墳時代から江戸時代までの墓を9基検出、うち7基が古墳時代のものでした。特に墓5は周溝で区切られた方形の空間の中に木の柱と木材で横穴式木室を築き、中に2体の遺体を安置したあと、火をかけて焼いた「カマド塚」でした。

手前の須恵器棺が墓2、奧が墓1

墓2の須恵器の棺

墓3

墓5

墓5の埋葬施設、横穴式木室

調査中の墓5、須恵器と焼けて炭化した周囲の木材

墓4、平安時代の土壙墓、灰釉陶器壷と釘出土

墓6、陶棺片と須恵器の甕片が出土

墓8


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system