熊本県あさぎり町・相良村の古墳


才園古墳群 【管理人推薦】【県史跡】

 あさぎり町免田西字才園、くま川鉄道おかどめ幸福駅から線路沿いに500m西へ進み、南へ踏切を渡って登っていくと、つぎの三叉路に2号墳があります。覆屋の下に横穴式石室が完全に露出していて、石室構造が良くわかります。玄室長2.22m、幅1.22m、高さ1.2mの大きさで、天井石を失っています。阿蘇熔結凝灰岩の自然石と切石を併用し、玄門には大きな扉石が原位置で残っています。石室内部は赤く塗られ、特に玄室内は赤色顔料が良好に残されています。鏡、馬具など豪華な出土品は国重要文化財となっています。1号墳は径15mの円墳で、鉄道建設で削られているらしいので、となりの民家と鉄道の間の薮の中にあると思われます。3、4号墳は消滅。

石室正面、扉石が大きい

石室横から

真赤な玄室、右が奥壁

玄室奧から、袖石が二重になっている?

  2号墳?


鬼の釜古墳 【管理人推薦】【県史跡】

 あさぎり町免田東、国道219号線免田東交差点から県道186号線を北へ1kmくらい行った道沿いにあります。径11m以上の円墳で、横穴式石室が開口。玄室長2.4m、幅1.9m、高さ2.5mの大きさで、奥壁には石棚を構築し、玄門は巨石をくり貫いています。石棚の上の奥壁材が手前に突き出ているので、棚の上のスペースがあまりありません。才園2号墳同様、阿蘇熔結凝灰岩の自然石と切石を併用しています。

県道脇にあり、すぐわかります

石室正面

玄室奥壁、石棚あり

一枚石をくり貫いた玄門、奧から


小原横穴墓群 【装飾古墳】

 相良村柳瀬、肥後西村駅から北へ進むと木綿葉橋で球磨川をわたります。橋の北側から川原へ下っていくと、川に沿って走る砂利道があります(Yahoo地図で「伊沢古墳群」の表示がある道)。橋の下から東へ500m進むと道が二つに分かれます。そこから北のほうを見ると、高い崖面の中腹に横穴墓が見えています。5基の横穴墓が密接して並んでいますが、入口前がかなり崩壊していて、前庭部がほとんどありません。見学はかなり危険ですので自己責任でお願いします。装飾は4号墓の外壁向かって左上に赤で彩色された線刻円紋が描かれています。しかし、現状では入口の前が崖のため接近できず、しかも上の方にあり、円紋があると思われる位置に草が茂っているため、確認できません。どなたか、高所枝切りはさみで伐採をお願いします。5号墓は少し東にはずれていて、物理的に接近できません。

左端の1号墓、入口崩壊

2号墓良く残っている

2号墓内部

3号墓、入口は整っているが崖で接近できない。

4号墓、前側は崖で接近できない

4号墓、外壁上部にある彩色線刻・・見えません


三石横穴墓群

 相良村柳瀬三石、県道33号線柳瀬橋の東詰めから崖下へ下りて、南へ700m、道路が右へ大きく曲がるところにあります。球磨川支流の川辺川の段丘に築かれた7基からなる横穴墓群で、200mにわたって分布しています。道路沿いに1、2号墓が開口しており、2号墓の入口上部には赤色顔料が残っています。

道路沿いに開口する1、2号墓

1、2号墓、右の2号墓の上部に赤色顔料が残る


石坂鍋野古墳群

 

 相良村川辺石坂鍋野、国道445号線相良大橋の北西にため池があり、そのすぐ南側の農地の中に20基以上の小円墳が群集しています。主体部は横穴式石室で、ほとんどの古墳が破壊され、石材が一部露出している程度です。

石材露出

石材露出

石材露出、標識が倒れている

石材露出、墳丘はほとんどない

石材露出、墳丘はほとんどない

石材露出

墳頂に石材露出

唯一袖石が原位置で残っている


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system