木棺の下に副葬品を納める土坑発見


■兵庫県新温泉町二日市「浅谷下山古墳群」

 2014年10月25日 発掘調査説明会/公益財団法人・兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部

 浜坂道路(国道178号線)の事前調査で、浅谷下山古墳群が調査され、7号墳の木棺跡の下に副葬品を納める横穴が検出されました。土坑内には銅鏡1面、竪櫛の一部、碧玉製小玉、土師器の高坏が埋葬されていました。このような埋葬方法は珍しく、県内では初めての例になります。現地はすでに工事が始まっているので、現地ではなく、公共施設での説明会となりました。

手前が7号墳、その奧となりに6号墳

6号墳の埋葬施設

6号墳木棺下の土坑での副葬品出土状況

6号墳から出土した珠文鏡


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system