鳥取県大山町北部の古墳


岡岩屋堂古墳(岡2号墳) 【町史跡】

 大山町岡、JR下市駅の北西800m、国道9号線北側の岡集落の中にあります。全長29m、後円部径20mの前方後円墳ですが、墳丘がかなり破壊され、後円部の横穴式石室が露出しています。しかし、石室は金網で塞がれているので、内部には入れません。玄室長3.3m、幅2.15m、高さ2.2mの規模です。切石で築かれており、内部には赤色顔料が残っています。前方部にも石室があり、石室材らしきものが見えています。

かなり破壊された後円部

石室の側面

切石で築かれた玄室内部、赤色顔料が残る

前方部の石室材?


岩屋平ル古墳(八重2号墳) 【管理人推薦】【県史跡】

 大山町八重、国道9号線バイパス赤碕中山インターの南800mの集落東側の林の中にあります。径18mの円墳で、横穴式石室がほぼ完存しています。玄室長3.3m、幅1.9m、高さ1.8mの大きさで、玄室の壁はすべて一枚石で構築し、天井は巨石二枚。玄門は中央を台形にくりぬいています。玄門の入口側には扉石をはめ込む溝が切られています。出雲の石棺式石室の影響を受けた見事な切石積みの石室です。開口部が非常に狭く脱出困難なので、見学には注意してください。

大きな墳丘

羨道天井部が開口

激狭の玄門、扉をはめる溝が残る

石室実測図

玄室奥壁、お見事な一枚石

一枚石を台形にくり抜いた玄門


茶畑12号墳

 大山町茶畑、国道9号線バイパスと県道36号線の交差する位置から真東へ500m、川の前の道路沿いの林の中にあります。墳丘はほとんどなく、石棺式石室に近い横穴式石室が露出しています。玄室長2m、幅1.7m、高さ1.3mの両袖式で、切石を巧みに組み上げています。羨道はかなり失われています。

石室正面

玄室奥壁

玄室奧から

切石を組んだ左側壁


高田26号墳 【管理人推薦】【県史跡】

 大山町高田、高田工業団地東側の集落内、斉藤さん宅の庭にあります。封土はほとんど失われ、切石造りの横穴式石室が露出。羨道はかなり破壊されていますが、玄室は完存しています。玄室長2.5m、幅1.6m、高さ1.7m、羨道長1.7m以上の両袖式ですが、右袖石は外側へずれています。切石を切り組み積みし、床面にも切石を敷いています。玄門には扉石をはめ込むための溝が加工されています。副葬品がかなり出土したらしいのですが、すべて行方不明になっています。

古墳全景

石室正面、玄門に扉用の溝が残る

玄室奥壁、美しい一枚石

玄室奧から、右袖石は外側にずれている


高田2号墳

 大山町高田、高田26号墳のある集落の東300m、交差点の小さな墓地の中にあります。切石造りの横穴式石室が完全に露出。右側壁が抜かれていて、そのまま右側壁側が正面のお供え台のようになってしまっています。小型ながら、整った石室であったと思われます。

石室正面

右側壁は抜かれている

玄室奥壁、左上に加工の跡がある

奧側から


高田28号墳

 高田2号墳の西となりの林の中に、多数の古墳があります。その中に露出した横穴式石室が1基あり、これが28号墳と思われますが、石室は大きく破壊されています。

 


高田古墳群

 高田28号墳のある林の中は、かなり薮に覆われていますが、いくつか墳丘や石室材が見られます。高田古墳群の多くは、このあたりに集中しているようです。

墳頂陥没

墳頂陥没

林の外の古墳、墳頂陥没


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system