福岡県太宰府市・大野城市・筑紫野市の古墳


陣ノ尾1号墳 【市史跡】

 太宰府市大字国分字陣ノ尾95-5、国分小学校すぐ南の住宅地にあります。径12mの円墳で、複室構造の横穴式石室が開口していますが、施錠されています。後室長2.3m、幅1.8m、高さ2m、前室長1.4m、羨道長2mの大きさで、実測図を見ると、天井石はほとんど復元のようです。

正面から

石室内部


胴ノ元古墳

 大野城市牛頚二丁目、福岡地区水道事業団牛頚浄水場の東の丘陵上にありましたが、宅地造成後、現地にできた胴ノ元古墳公園内に復元されています。径11mの円墳で周溝が存在しました。横穴式石室は全長6mくらいの単室構造で、施錠されていて内部には入れません・・・が、石室断面模型が説明板に完備されているので内部構造がわかります。

正面から

石室内部

玄室

石室の断面はこうなってます


五郎山古墳 【管理人推薦】【装飾古墳】【国史跡】

 

 筑紫野市原田三丁目9-5、JR原田駅東の丘陵上にあり、現在五郎山公園内に保存されています。径32mの円墳で、二段築成。1947年に見つかった横穴式石室は全長11m以上、後室長4.5m、幅3m、高さ4mの複室構造で、羨道が狭長です。後室奥壁、両側壁、玄門袖石に多数の彩色壁画が見られます。奥壁腰石には家、人物、騎馬人物、動物、靫、盾、鞆、船、同心円紋など、すぐ上の石材に人物、旗を立てた馬に乗り弓を射る人物、同心円紋など、左右側壁には船、円紋、同心円紋など、袖石には船、靭など、素朴ですが力強い壁画が赤、黒、緑色顔料で一見無秩序に描かれています。石室は壁画保護のため、閉鎖されており、見学するには公開日に行くか、五郎山古墳館への事前予約が必要です。しかし、ガラス越しに遠くから見るのでほとんどわかりません。普段は麓にある五郎山古墳館に精巧な石室模型があり、自由に見学できます。この模型は電動で側壁が分離し、車椅子でも見学可能な優れ物です。

正面、石室は保存施設に守られている

古墳館の実物大石室模型、羨道から前室

前室から後室の玄門、向かって右の袖石に船、左に靭?

後室奥壁

後室の奧から

後室左側壁、船、同心円紋など

公開日、壁画は羨道のはるか向こうです

壁画のズームアップ、上部の石材に

「緑色の旗を立てた馬に乗り弓を射る人物」が見えます

腰石の上側に左から「同心円紋、人物、盾」

その下に「赤い盾、ゴンドラ、騎馬人物、赤い人物」など


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system