大阪府太子町・叡福寺北古墳

墳丘直径はひとまわり小さかった


●大阪府太子町 叡福寺北古墳

●2002年11月14日 現場公開/宮内庁書陵部

 叡福寺北古墳の墳丘裾部と結界石根元を調査していた宮内庁書陵部が調査現場を研究者に公開しました。これまで内側の結界石間際まであると思われていた墳丘の裾は確認されず、径55mよりもひとまわり小さいことがわかりました。

墳丘正面、覆屋の中に岩屋山式石室が存在する

墳丘を取り巻く二重の結界石

内側の結界石(鎌倉期)の保存処理中

トレンチ設定場所


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system