奈良県明日香村飛鳥京跡苑池遺構

池を南北に区画する渡堤と中島検出


 奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池遺構の第3次調査で、池を南北に区画する渡堤と南池に独立した中島を検出しました。南北の池は木樋で連結され、渡堤の北側にはスロープ状のバラス敷きを確認しました。池の底は形状に合わせて、平らな石や小石や大きな石を使い分けて敷かれていました。2001年7月7日現地説明会。

 上左/南側の護岸に大きな石を使用している渡堤、池底の敷石  上右/渡堤南側の池中にある中島、松の根が残存

 下左/池の南北を連結する渡堤の木樋  下右/北池、南池よりも深く掘られている


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system