兵庫県福崎町の古墳


妙徳山古墳 【管理人特選】【町史跡】

 福崎町東田原の神積寺敷地内にあります。径35m、高さ6mの二段築成の大型円墳で、巨大な横穴式石室が南に開口しています。全長12.4m、玄室長6m、幅約2m、高さ3.2m、羨道長6.4m、高さ2.4mの右片袖式で、播磨でも最大級の玄室規模です。これだけの古墳が町史跡程度とはもったいない。

墳丘もかなり良好に残っている

石室開口部、狭く見えるが、楽々入れます

巨大な玄室、奥壁は巨石2段でまだ余る

玄門、右片袖式


ビワクビ古墳群

 妙徳山古墳の南300m、岩尾神社の裏山にあります。神社前の道を右に進むと、すぐに標識があり、そこから70m登ったところに1号墳、すぐ後ろに2号墳があります。ともに径10mほどの円墳で、1号墳は横穴式石室の天井石が一部露出。内部は埋まっています。2号墳も石材が一部見えていて、墳頂が陥没しています。

1号墳

1号墳、天井石が露出するも内部は埋没

2号墳

2号墳、天井石が見えている


大門の石棺仏(石造地蔵菩薩立像・タライ地蔵) 【町指定文化財】

 福崎町東田原1、大門公民館の前にあります。135cm×80cm×29cmの家形石棺の蓋に地蔵菩薩を彫り出しています。南北朝頃の石仏で、台座が蓮華座ではなく、雲座である点が石棺仏としては珍しいデザインです。石棺としては屋根形の稜線の加工が非常に美しい良品です。覆屋の壁に、近くの農地で石橋として転用されていた石棺の側石、底石が立てかけられています。

石棺仏のある地蔵堂、車が邪魔!

石棺仏正面

裏側、稜線の加工が美しい。

石橋に転用されていた石棺材


東広畑古墳  【管理人推薦】【町史跡】

 妙徳山古墳の西300m、播但連絡道路を超えた福崎町西田原の田圃の中にあり、横穴式石室が完全に露出しています。外観からはわかりませんが、内部は意外にも全長10m近い大型の石室がほぼ完存しています。それどころか、床面の敷石も完璧に残っていて、閉塞石、石棺まで残されています。あまりの内容のすごさにほとんど狂喜状態に陥ってしまいました。石室は袖がなく、幅1.5m、高さ3mくらいで断面はきれいな台形をしています。墳丘がほとんど残っておらず、「古墳のお部屋」によりますと、最近奥壁の巨石が落下しました。

石室正面

奥壁側、手前の天井石がわすかに崩れている

敷石完存

組合せ式石棺と入り口の閉塞石

 2009年に保存整備が完成し、公開されました。調査の結果、径16mの円墳と判明した墳丘が復元されています。完全露出状態だった西向きの横穴式石室は全長10.4m、幅1.5m、高さ2.5mの無袖式で、床面には排水溝の上に川原石が敷き詰められ、組合せ式石棺の底石と側石の一部が残っていました。出土した須恵器から六世紀末〜七世紀初めの築造と見られます。

復元された墳丘と石室正面

玄室奥壁

組合せ式石棺底石

奧から


東新田古墳 【町史跡】

 東広畑古墳の東100mにあります。横穴式石室の基底部だけが残されていますが、規模的には東広畑古墳よりはやや小さいくらいです。床面に土嚢が敷かれているのでおそらくここにも敷石があると思われます。

横穴式石室正面側

向こうのプレハブ右隣に東広畑古墳がある

 2009年に東広畑古墳とともに保存整備されました。元、ツブレ塚と呼ばれ、墳丘は早くから削られ方墳状となっていましたが、元の墳形は不明です。横穴式石室は上部を失っていますが、西向きで全長9m、幅1.6mの無袖式です。床面には排水溝と川原石の敷石が敷き詰められていました。東広畑古墳とほぼ同時期の築造です。

整備された古墳

石室奧から


井ノ口墓地石棺群

 東広畑古墳の北西の山裾の墓地に石棺が置かれています。家形石棺の蓋2、組合せ式石棺材1で、蓋石はいずれも竜山石です。石棺材は両端が段加工されているので石棺材だと思われますが、全然違うかも知れません。

墓地に並べられた石棺群

家形石棺蓋その1

家形石棺蓋その2、真っ二つ状態

石棺材?桜の花びらで良くわかりません


歴史民俗資料館石棺

 東広畑古墳の南に小山があり、その南側に歴史民俗資料館があります。その建物脇に組合せ式家形石棺が置かれています。山崎群集墳から出土と伝えられ、部材が一式揃っている市内唯一の石棺です。加西市産出の高室石製です。

 


大塚古墳 【管理人推薦】【町史跡】

 福崎町山崎、市川西岸の水田の中にあり、赤い鳥居が目印です。墳丘はかなり改変されていますが、径30mの円墳と見られています。横穴式石室は右片袖式で正面と奥壁が開口、全長12.3m、玄室長約7m、幅、高さとも1.7mくらいの細長い石室です。

墳丘南側より

正面開口部、奥壁側も開口している

奥壁

羨門、右片袖式


大塚古墳北石棺

 大塚古墳の北200mの用水路に、石棺材が橋として転用されています。かなり外形が変形していますが、段差の加工は良く残っています。大塚古墳から持ち出されたとも考えられていますが、決め手はありません。

遠方に大塚古墳

段差加工が良く残っている


山崎の立石石棺

 福崎町山崎、大塚古墳北石棺から西へ100m、線路を超えた集落の交差点の石碑の前に、家形石棺の蓋石が立てられています。幅1.2m、高さ1.5m以上の大型の石棺材ですが、なぜ立てられているのか、まったくの謎です。

繰り込みが深い

反対側


福田墓地石棺

 福崎町福田、福田大歳神社東の福田墓地の入口脇にあります。家形石棺の身が上下逆に置かれ、かつて祭壇として使用されていまいした。107×79×52cmの大きさで、加工は丁寧です。下記の新池の石棺蓋と一対とされています。

入口向かって左の方にある

上下逆に置かれ、祭壇として転用


新池の石棺

 福崎町高岡の長野共同墓地(新池の前)にあります。家形石棺の蓋石に文字を刻んだ萬霊塔に転用されていますが、なかなか造形が美しい蓋石で、屋根部分は棟飾り風に加工されています。延享年間(1744〜1747)の銘があります。上記の福田墓地石棺身と一対のものとされています。

萬霊塔に転用

珍しい棟飾り風の造形


神谷古墳

 福崎町高岡小字神谷、上記の長野共同墓地のすぐ南の医王寺境内にあります。径20mくらいの円墳で、横穴式石室が開口しています。全長8m、幅1.5m、高さ1.8m以上の無袖式で、非常に細長く、玄室の手前で羨道の天井石が一段低くなっています。床がかなり埋まっていますが保存状態は良好です。

正面

羨道、玄室前で天井が一段低くなる

玄室奥壁、最下段は埋まっていそう

奧から


神谷医王寺石棺

 同じく医王寺境内にあります。上記の神谷古墳とセットで見学できます。家形石棺の蓋石が、お墓の台石としての余生を送っています。スマートで扁平な造りで、新しいタイプです。

 


應聖寺石棺

 福崎町高岡の應聖寺境内にあります。本堂に向かって左側の裏山斜面途中に、家形石棺の蓋が板碑として立てられています。南無・・・と刻まれていますが、地中に半分くらい埋まっています。


宝性院石棺

 福崎町南田原1387の宝性院境内にあります。細長い家型石棺の蓋石が手水鉢として転用されています。縄掛突起が両側に二個ずつ付いていますが、稜線が一般的な家形石棺とは異なる珍しいデザインで、なかなかモダンな加工がなされています。ひょっとしたら、長持形石棺かも・・。奧のお堂の横に小さな家形石棺の蓋が半分に割られて置かれています。また、墓地には小型の石棺身がありますが、これは石棺かどうか微妙。

横から

珍しいデザイン

家形石棺蓋

石棺身?


八反田公民館石棺

 福崎町南田原の八反田公民館前の広場にあります。1m×60cmほどの小型のくり抜き式石棺身が置かれています。雨ざらし状態なためか、上面が風雨でかなり凸凹しています。

 


長目薬師寺石棺

 福崎町南田原の南端、藤田神社となりの旧薬師寺跡にあります。最近まで寺があったような場所にいくつか石仏、石碑などが放置されていて、そのうちの地蔵石仏の下に組合せ式石棺の底石が敷かれています。80cm×50cmくらいの小サイズで、溝が加工されています。

 


鍛冶屋西邦寺石棺

 福崎町八千種の西邦寺境内にあります。鐘楼の横に庭木に囲まれた家形石棺の蓋石が立てられています。幅1.2m、長さ1.5m以上の大きな蓋石ですが、厚さが薄く、縄掛突起も小さく退化した新しいタイプのデザインです。

表側、縄掛突起が退化している

裏側のくり込み


小倉石棺

 福崎町八千種の若宮神社集会所前にあります。小さなくり抜き式石棺の身で、子供用でしょうか?

 


大善寺石棺

 福崎町大貫の大善寺の無縁墓の前に家形石棺の蓋が置かれています。裏山山頂にある古墳から出土したと説明がありますが、それ以外の詳細は不明です。なお、このお寺では、古墳犬に注意。異常に人なつっこいです。

  


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system