京都府福知山市東部の古墳


高龍塚古墳

 福知山市報恩寺の佐賀小学校西隣りの林の中にあります。径25mの大きな円墳で、横穴式石室が南に開口しています。全長4.6m以上、幅1.8mの無袖式で、前側は破壊され、墳丘も大きく抉られています。内部が未調査のため、詳細は不明です。

墳丘は石室前が大きく抉れている

石室開口部

玄室奥壁

奧から

奉安塚古墳

 高龍塚古墳の北東50m、佐賀小学校のグラウンドに面した位置に奉安塚古墳の説明板があります。1949年に発見された時にはすでに墳丘は失われ、石室の天井石も無くなっていました。横穴式石室は長さ4.2m、幅1.75mの無袖式で、鏡、勾玉、鉄刀、鉄工具、須恵器が出土し、特に馬具は鉄地金銅張りで一式ほぼ完存していました。六世紀後半の築造と見られ、高龍塚もほぼ同時期と思われます。現在古墳はほとんど消滅しているようです。

 

稲葉山古墳群

 福知山市猪崎の三段池公園内、池の南側の堰堤東丘陵上にあります。前方後円墳1、方墳2、円墳7基からなりますが、墳丘が残っているのは3基だけのようです。丘陵の先端にある10号墳は、全長38m、後円部径24.5mの西向きの前方後円墳で、墳丘は良好に残されています。築造時期は後期前半と思われます。後円部の裾に消滅した9号墳の2基の箱式石棺が移設されています。1号石棺が経塚に再利用されていたそうですが、どちらが1号かはわかりません。後円部の南側にある1号墳は径11mの円墳で、主体部は箱式木棺でした。東隣にある2号墳は径8.8mの円墳ですが、墳丘は申し訳程度にしか残っていません。

10号墳墳丘、手前が後円部

10号墳、後円部から前方部

10号墳裾に移設された9号墳の箱式石棺

10号墳裾に移設された9号墳の箱式石棺その2

10号墳の後円部から見た1号墳

2号墳、奧に10号墳と、展示施設

監物山古墳群

 福知山市猪崎の三段池公園内、稲葉山古墳群の対岸、池の西岸から突き出た尾根上にあり、前方後円墳1、円墳6基からなります。西の道路沿いにある1号墳は全長35m、後円部径21.3mの前方後円墳で、上部が削平されて貯水場になっています。東の池に向かって隣りにある2号墳は径14mの円墳ですが、薮だらけです。階段を下った所にある3号墳は径15mの円墳、その向こうの4号墳は径13.5mの円墳です。尾根先端にある5号墳は径20.5mの円墳で、古墳の慰霊碑が立っています。池の遊歩道に面して、ほとんど破壊された6、7号墳があります。

古墳群のある尾根筋

1号墳

2号墳

3号墳

4号墳

5号墳、古墳慰霊碑がある

6号墳?

7号墳?

牛坂古墳群

 福知山市猪崎の三段池公園内、監物山古墳群の200m北、墓地の前の道路周辺にあり、前方後円墳1、円墳5基からなります。1号墳は、道路東側の石垣の上にあり、全長26.8m、後円部径18.8mの前方後円墳です。道路の向かいに5、6号墳、1号墳から谷間を挟んだ南側に3、4号墳があり、すべて径12〜17mの円墳ですが、低いマウンドが残る程度です。2号墳は位置的に道路工事で消滅したと思われます。

1号墳

5、6号墳

3号墳

4号墳

池の奧古墳群

 福知山市猪崎の三段池公園内、池の北側に広く分布する古墳群で、三支群19基からなります。A支群は体育館の北側にあり、1〜7号墳からなります。このうち5号墳は京都府指定史跡で、径30m、高さ5mの大型円墳です。完存していますが、未調査で詳細は不明です。その北側に1、2号墳が並んでいて、ともに径17mの円墳です。3、4、6、7号墳は消滅しましたが、4号墳が竪穴系横口式石槨、他は木棺直葬でした。

5号墳

1、2号墳

 B支群は体育館南側の尾根上の平坦面にあり、8〜12号墳の5基からなります。しかし、明瞭に墳丘の残るものは少なく、11号墳が径14mの円墳とわかる程度です。尾根を下った三段池沿い付近に13〜19号墳がありますが、いずれも不明確な低いマウンドの小円墳です。

10号墳

8号墳?

11号墳

先端部のC支群


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system