京都府福知山市南部の古墳


広峯15号墳

 福知山市東羽合、福知山駅の真南500mの丘陵上に広がる広峯古墳群のうち、1〜15号墳が区画整理のために、調査後消滅し、現在15号墳だけが、開発後、実際の墳丘の3/4の大きさに復元されて広峯古墳記念公園として公開されています。元々は全長42m、後円部径25mの前方後円墳で、後円部には木棺直葬の主体部が表示(こちらは1/2.5)されています。由良川流域で最初に築かれた四世紀後半の前方後円墳で、景初四年銘の盤龍鏡(重要文化財)が出土したことで有名です。

3/4に復元された墳丘

埋葬施設の表示

向野古墳群

 福知山市正明寺、国道9号線羽合交差点を西へ入り、すぐ次の交差点を南へ曲がって500mほど進んだ東側の丘陵上にあります。3支群38基からなる古墳群ですが、現在開発の波にさらされていて、南支群の1〜13号墳は向野団地建設ですでに消滅。2002年には北支群22、28号墳が調査されています。。22号墳は径14mの円墳で、墳丘の西側1/3が削られていましたが、主体部は木棺直葬の両端部を青色粘土で固定したもので、須恵器、馬具・鉄鏃などの鉄製品が出土。隣接する28号墳は径16mの円墳で木棺直葬、棺内には朱の痕跡が残り、須恵器、鉄鏃などとともに、珍しい樹皮製品が出土しました。斜格子状に編まれており、靫かもしれません。

22号墳主体部、両端部に青色粘土が残る。

22号墳、須恵器・鉄製品の出土状況

 

28号墳主体部、向うが22号墳

28号墳で木棺外側に鉄鏃と並んで見つかった樹皮製品

 2008年度には北支群の13基が宅地開発のため、調査されました。このうち、3基が古墳ではなく、2基を新規発見し、密集する計12基の古墳を調査、検出された主体部はすべて墓坑に木棺を埋納したもので、特に32号墳では、上下二段に埋葬施設が構築されると言う珍しい形態をしていました。下段の埋葬施設では、北側を粘土で区切って副室とし、須恵器を埋葬しています。33号墳では、木棺の痕跡が粘土で明瞭に残っていました。

丘陵上に密集する円墳群

32号墳

32号墳の上下二つの埋葬施設、右側に下段の副室

33号墳の木棺跡

 2009年度には宅地開発に伴う調査で、西支群の15〜20号墳が調査されました。15号墳は径15mの円墳で、主体部は消失。16号墳は8×10mの楕円形墳で、わずかに土壙が残っています。17号墳は径11mの円墳で、主体部は消失。18号墳は径10mの円墳で、時期の異なる二つの主体部を検出。築造当初の第一主体は割竹形木棺で、鉄製太刀、鉄鏃、須恵器などが出土。第二主体は破砕供献を含む須恵器と管玉、鉄製刀子などが出土しています。19号墳は径9mの円墳で、二つの主体部が確認できましたが、ほとんど削平されていました。20号墳は径14.5mの円墳で、二つの主体部跡が良好に残っていました。第一主体は割竹形木棺で、52点の玉類がネックレス状に並んで出土。他に鉄製太刀、刀子、鉄鏃などが見つかっています。第二主体部も割竹形木棺で、須恵器が多数出土しました。

15号墳

16号墳

17号墳

18号墳

18号墳主体部、須恵器と太刀が見える

19号墳

20号墳、右が第一主体

15号墳、玉類と短刀の出土状況

中ノ段古墳群

 福知山市正明寺、向野古墳群の西500mの大興寺背後の林の中にあります。後期の前方後円墳1、円墳19基からなりますが、全体的に保存状態は良くなく、石室が見学できる古墳もありません。寺の西側の林が道路で分断されていて、北側の林に1〜3号墳がありますが、いずれも小円墳です。4号墳は、道路で破壊され、調査の結果、主体部は長さ8.2mの横穴式石室でした。南側の林の寺の裏側に5〜7号墳が並んでいます。

1号墳

2号墳

3号墳

4号墳の残骸?

5号墳

6号墳

7号墳

 大興寺駐車場から、東側の林の中へ入っていく小道があります。入ってすぐ左の林の中に11、12号墳のマウンドがあります。その先に小さな神社があり、そこが13号墳と思われます。神社の奧にさらに14、15号墳があります。林を突き抜けた微高地に径25mの20号墳があるはずですが、マウンドはすっかり失われて、確認できません。

11号墳

12号墳

13号墳?

14号墳?

15号墳

 元の小道に戻って、さらに進むと、緩やかな登り道となっていて、その左側の林の中に16号墳があります。全長26mの唯一の前方後円墳で、墳丘は比較的残っていますが、墳頂は大きく陥没しています。その奧に17、18号墳と思われる小円墳がありますが、19号墳は不明確です。小道を挟んで北側には径28mの大きな円墳である10号墳がありますが、。そのさらに北側に小円墳の9、8号墳があります。

16号墳

17号墳

18号墳

10号墳

9号墳

8号墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system