広島県福山市・二子塚古墳

2基の横穴式石室をもつ前方後円墳


●広島県福山市駅家町 二子塚古墳

●2002年11月23日 現地説明会/福山市教育委員会

 墳丘と、前方部の落ち込みを調査。全長73mの広島県内の後期では最大の前方後円墳であり、後円部に続いて前方部でも横穴式石室を検出しました。

後円部墳丘トレンチ、平らに整地した上に、盛り土で築造

クビレ部底部から土器発見、断面の版築がよくわかります

発見された前方部横穴式石室

後円部横穴式石室の奥壁、全長14mの大型石室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system