栃木県藤岡町・上三川町・二宮町の古墳


赤麻古墳

 町史跡。藤岡町赤麻字北4566-3、渡良瀬遊水地に近い県道50号線東側の集落はずれにあり、公園化されています。径20mの円墳で、割石積みの横穴式石室が南に開口しています。全長4.15m、奥壁部幅1.77m、高さ2m、袖部はないようです。奥壁の巨大な鏡石に記号のような線刻が刻まれていますが、まず、後世のものでしょう。江戸時代初期に石室が掘り起こされ、多数の副葬品が出土しています。七世紀初頭の築造と考えられています。

石室正面

石室内部

奥から外

奥壁鏡石に刻まれた記号状の線刻


上三川愛宕塚古墳 【管理人推薦】

 町史跡。上三川町上三川、上三川小学校南300mの愛宕山公園の中にあります。凝灰岩の切石を組み合わせた横穴式石室が完全に露出しています。元は南30mにあったものを移築しました。各面はすべて1枚石で、内法は玄室長2.5m、幅2.2m、高さ1.6m、玄門は、1枚石をくり抜いて入口を造っています。

石室正面

石室側面

奥壁

奥から玄門

兜塚古墳 【管理人推薦】

 町史跡。上三川町上三川、上三川愛宕塚古墳の南東1km、県道35号線から西へ少し入った住宅地の中にあります。愛宕塚古墳同様、凝灰岩の切石造りの横穴式石室が露出しています。玄室長3.3m、幅2.1m、高さ2.4mの規模で愛宕塚よりは一回り大きく、側壁、天井は二石を使用しています。古い地籍図から径45mの円墳と推定されます。

石室正面

石室側面

玄門部


鹿古墳群

 二宮町鹿の八幡宮周辺に点在する古墳群で、前方後円墳1、円墳3基からなります。県史跡・天神山古墳は全長50.5m、後円部径27m、前方部幅26mの前方後円墳で、未調査ですが、墳形から後期の古墳と思われます。すぐ南にある町史跡の円墳は径15mほどの円墳ですが、薮に覆われてよくわかりません。八幡宮の社殿裏にも、円墳があります。

なぜに環境庁?

県史跡の天神山古墳、左が町史跡の円墳

八幡宮古墳

町史跡の円墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system