藤原宮造営時に破壊された古墳周溝を検出


■奈良県橿原市高殿町「藤原宮大極殿院(飛鳥藤原第182次)」

 2014年11月8日 現地説明会/独立行政法人・国立文化財機構奈良文化財研究所 都城発掘調査部

 国特別史跡・藤原宮跡の大極殿院の調査で、古墳の周溝の一部を検出しました。径12〜15mの円墳と見られ、藤原宮造営時に破壊されたと思われます。周溝の東側は溝や運河によって、完全に破壊されていました。

奧が大極殿跡の土壇

見つかった古墳周溝(現説資料より)

平面図(現説資料より)


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system