愛知県蒲郡市の古墳


三月田古墳群

 蒲郡市相楽町、JR三河大塚駅東300mの道路を北へ進み、突き当たりの山腹に美しく整備された姿が見えます。三河湾を望む立地に築かれ、右側の2号墳は径14mの円墳で外護列石が巡り、横穴式石室は全長5.6m、玄室長3m、幅1.5m、高さ2.2mの規模で半壊していました。左側の3号墳は径13mの円墳でこちらは列石はありません。横穴式石室は全長7.2m、玄室長3.3m、幅1.5m、高さ2.4mで天井石以外は良好に保存されていました。現在は石室はともに埋め戻されています。

医王神(いぼがみ)古墳

 市指定史跡。五井古墳群8基のうち、唯一残された古墳です。蒲郡市五井町町民会館を東に行くと、池のほとりに案内板が出ています。径12mくらいの円墳ですが、石室石材が露出しています。イボをなおす岩神として信仰されているようです。

 

権現山古墳

 医王神古墳の北、石山神社東へ500m、みかん山の先端部に雑木に覆われた径40mの円墳です。調査の結果、竪穴系横口式石室が検出されていますが、現状は薮のため進入は困難で、巨石が散乱しているそうです。

 

天桂院山5号墳 【管理人推薦】

 蒲郡市天桂院境内にありましたが、新幹線建設のため、近くの中央公園内に移築されました。羨道部がかなり失われていますが巨石を使った蒲郡市内では最大級の玄室です。

神之郷1号墳

 蒲郡市神之郷町、蒲郡北部小学校北の道を西へ800m行くと道路沿いに「赤日子神社御陵之壱」とかかれた石標があり、その北40mのみかん畑の中にあります。径13mの円墳で、かつては小祠の後ろに、横穴式石室がわずかに開口していたらしいですが、現在は塞がれています。現在ある小祠は、古墳から出土した提瓶をご神体としているそうですが、祠前の石が石室の石材を転用しているような気がしてなりません。

 

馬乗2号墳 【管理人推薦】

 三河湾を見おろす山の中腹にありましたが、愛知技術短大建設にともない、蒲郡市博物館敷地内に移築保存されています。一辺15mの方墳で周溝が馬蹄状に巡っていました。横穴式石室は全長8.7mで、奥壁は小さめの1枚岩を据えて、そこから側壁を強引に胴張り状にし、天井もかなり窮隆状にすることで玄室空間を稼いでいます。このような造りはこの地域では共通のようです。

前野古墳

 蒲郡市前野の集落内の八幡社境内にあり、墳頂に社殿が建っています。径23mくらいの大きな円墳で、市内では天桂院1号墳に次ぐ大きさですが、周囲を削られています。主体部は未調査なので不明ですが、横穴式石室と思われます。

 

海蔵古墳

 蒲郡市形原駅南500m、サークルK裏の斜面で神社と化しています。羨道は消失していますが幅1.95m、長さ2.3mの玄室は完存。今は住宅に囲まれていますが、本来は海を見おろす丘陵上にありました。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system