奈良県五條市・中遺跡

弥生中期の大規模な環濠集落


●奈良県五條市中町 中遺跡

●2002年5月22日報道/五條市教育委員会

 阪合部小学校の建て替え工事の敷地内から弥生時代中期の大規模な環濠集落が確認されました。竪穴式住居祉15棟と溝が検出されていて、一部の住居祉は約100年間に渡って5度の建て替えの痕跡がありました。。遺構の保存状態は良好ですが、現状保存は難しく、現在人海戦術で発掘調査が行われています。現場は黒駒古墳のすぐ西です。

竪穴式住居祉群

環濠と見られる溝(幅4〜5m)


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system