埼玉県行田市埼玉古墳群


埼玉古墳群 【管理人特選】

 行田市埼玉・渡柳、前方後円墳8、大型円墳1、小円墳15基が密集する大古墳群で、現在埼玉風土記の丘として公園整備されています。100m超の前方後円墳が4基あり、また、前方後円墳は長方形二重濠をもつ一群と盾形一重濠をもつ一群とに分類され、主軸方向もおおむね二分されます。

 稲荷山古墳

 国史跡。五世紀末に古墳群で最初に築かれた前方後円墳です。全長120m、後円部径62m、高さ11.7m、前方部幅72mの規模で、前方部は1937年に一度削平されましたが、最近復元されました。台形二重周濠が巡り、西側中堤に方形区画が張り出し、陸橋で外部と繋がっています。1968年に調査され、後円部の墳頂から浅い位置に礫槨と素掘り竪穴の2基の埋葬施設が見つかりました。このうち、礫槨から出土した金錯銘鉄剣(国宝)は、1978年に元興寺文化財研究所でクリーニング作業中に辛亥年の金象眼の銘文が発見されました。古墳の本来の被葬者を葬った埋葬施設は、まだ後円部の奥深くに眠っていると思われます。

復元された前方部から後円部

後円部墳頂の礫槨

 二子山古墳

 国史跡。群の中央に位置する県内最大の前方後円墳です。全長135m、後円部径66.5m、高さ12.8m、前方部幅93m、高さ14.7mの規模で、前方部が良く発達しています。長方形二重周濠が巡り、西側中堤に方形区画が張り出し、陸橋で外部と繋がっています。六世紀初頭、稲荷山古墳に次いで築造されたと推定されています。

 

 将軍山古墳

 国史跡。稲荷山古墳の南に位置する六世紀後半の前方後円墳です。全長101.5m、後円部径57mの規模で、長方形二重周濠が巡り、西側中堤には方形区画が張り出し、陸橋で外部と繋がっています。以前は墳丘の東側が削平され、横穴式石室の一部が露出する状態でしたが、1991年から発掘調査の結果を元に墳丘、周濠、円筒埴輪列を復原するとともに、後円部には石室や遺物の複製を見学できるガイダンス施設を建設し、1997年に将軍山古墳展示館としてオープンしました。横穴式石室は側壁・奥壁には千葉県富津市産の房州石、天井には緑泥片岩、床面には川原石が使用されています。明治時代に石室が発掘され、銅碗、飾り大刀、金銅や青銅の馬具、武器類などが出土しています。このうち馬冑は和歌山の大谷古墳に次ぐ出土例です。また、蛇行状鉄器は国内で七例目になります。

 

 丸墓山古墳

 国史跡。稲荷山古墳の西隣りにある径105m、高さ18.9mの日本最大の円墳です。周濠が巡り、葺石が確認されています。出土した埴輪から六世紀前半の築造と思われます。二子山古墳とほぼ同じ時期に、二子山よりも巨大な円墳がなぜ築かれたのか、まったく謎の多い古墳です。1590年の石田三成による忍城水攻めの時には、見晴らしが良いので、三成の本陣が置かれました。

 

 鉄砲山古墳

 国史跡。二子山古墳の南にある前方後円墳で、全長112m、後円部径56m、高さ9m、前方部幅73m、高さ9.8mは群内で三番目の規模です。墳丘西側くびれ部に造出しがあります。台形二重周濠が巡り、西側中堤には方形区画が張り出し、陸橋で外部と繋がっています。埋葬施設は不明ですが、出土した円筒埴輪から六世紀後半の築造と見られます。

 

 奥の山古墳

 国史跡。鉄砲山古墳の南西に隣接する前方後円墳です。全長66.5m、後円部径37m、高さ6.1m、前方部幅57.5m、高さ6.5mの規模で、盾形一重の周濠が巡りますが現在の周濠は復元で、本来は空堀だったようです。後円部西側に造り出しの小さな張り出しがあります。発掘調査で周濠から円筒埴輪、人物・馬形埴輪が出土し、六世紀中頃の築造と考えられます。

 これまで古墳群の中では唯一の一重周溝と考えられていましたが、2007年の調査で、二重目の周溝が発見されました。

 

 中の山古墳

 国史跡。最南端に位置する前方後円墳です。全長79m、後円部39m、高さ4.4m、前方部幅40m、高さ5.5mの規模で、長方形二重周濠が巡ります。後円部墳頂には盗掘孔があり、過去に石棺が見つかっています。発掘調査で、周濠から須恵質埴輪壷が出土し、寄居町・末野遺跡第三号窯で焼かれたことが判明しています。六世紀末〜七世紀初め頃の築造で、群中では最後に築造されたと考えられます。保育社「日本の古代遺跡」では前方部幅60mとなっていますが、ちょっと違いすぎない?

 

 瓦塚古墳

 国史跡。前方後円墳の中で唯一、名称に「山」がつきません。全長67m、後円部径30.7m、高さ4。9m、前方部幅41m、高さ4。7mの規模で、長方形二重周濠の一部が砂利敷きで復元されています。西側中堤は陸橋で外部と繋がっています。西側くびれ部に造り出しがあり、須恵器が出土しています。また、中堤周辺から大量の形象埴輪が出土しています。六世紀前半の築造と考えられます。それにしても、この古墳のサイズは資料によって全然違うのはなぜ?

 

 愛宕山古墳

 国史跡。二子山古墳の西、駐車場のそばにある最小の前方後円墳です。全長53m、後円部径30m、高さ3.38m、前方部幅41.5m、高さ3.3mの規模で二重の周濠が巡ります。六世紀前半の築造です。

 

 浅間山古墳

 鉄砲山古墳の東、前玉神社の境内にある径58mの円墳ですが、前方後円墳説もあります。神社の石垣や社殿で墳丘はかなり改変されています。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system