静岡県浜松市東部の古墳


千人塚古墳群

 浜松市中区有玉西町、静岡県立三方原学園の敷地内にあります。見学の際には、学園受付に申し込んでください。三方原台地の縁辺部に築かれた現存9基からなる古墳群で、五世紀中頃から六世紀前半まで一世紀近くにわたって築かれ続けました。

 

 学園の門を入ってすぐ右側に7号墳があります。径30mほどの円墳で、墳頂に祠があります。すぐ北西に9号墳がありますが、墳丘はほとんど残っていません。葺石?が散乱しています。

7号墳

9号墳

 小さな谷をはさんで東に6号墳があります。全長31mの前方後円墳です。すぐ東に5号墳(千人塚古墳)があります。径49m、高さ7mの西遠地域最大の円墳で、二段築成、北西方向に造出しが付きます。幅8.5mの周濠が巡り、葺石、埴輪が存在します。主体部は2基の木棺直葬で、大量の鉄製武器・農具が副葬されていました。五世紀中頃の最初に築かれた古墳です。

6号墳

5号墳

 5号墳の前にある4号墳は径25mの円墳で、5号墳に続いて築かれました。5号墳北にある3号墳は径15mの円墳です。その北隣りにあった2号墳は全長28mの最後に築かれた前方後円墳でしたが、消滅しています。プールの西にある8号墳は径12mの円墳ですが、墳丘はほとんど残っていません。

4号墳

3号墳

2号墳の跡地

8号墳

 グラウンドの北にある1号墳(ひょうたん塚古墳)は全長45m、後円部径28mの前方後円墳で、葺石、埴輪が認められます。主体部は木炭槨だったそうです。

 

住吉古墳

 浜松市中区住吉、浜松中央警察署裏の丘陵先端にあります。中期の径20mほどの円墳ですが、未調査のため詳細は不明です。墳丘も深い薮に包まれています。

 

住吉南(住吉墓苑南)古墳

 浜松市中区住吉4丁目、浜松市立青少年の家の隣にあります。住吉古墳の南500mです。説明板には前方後円墳と書かれていますが、最近の調査で、径28mの円墳と判明しました。さらに幅4mの周溝が巡ります。葺石、埴輪はないようですが中期の古墳と見られます。

古墳の位置、近くにトーチカもあります

墳丘

蛭子森古墳

 浜松市豊町の八幡神社南にあります。径25mの円墳ですが、墳丘は半壊しており、石室も基底部のみ残存しています。横穴式石室は全長11.4mですが、石材が小振りで幅が非常に狭いため大型石室という印象はありません。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system