静岡県浜松市西部の古墳


見徳3号墳 【管理人推薦】【市史跡】

 浜松市北区都田町、都田テクノランド内の都田総合公園北駐車場に隣接する墓地の最高所に保存されています。径13mの円墳で周濠が巡っていました。横穴式石室は全長8.3m、玄室長3.3m、幅1.7m、高さ2m、羨道長2.5m、幅1.3m、高さ1.7mの疑似両袖式で、玄門、羨門には立柱石を立て、羨道の前には前庭があります。保存状態は良好で、浜松市博物館に石室レプリカがあります。

墳丘

羨道から玄門

玄室奧壁

奧から


恩塚山古墳(A-7号墳) 【管理人推薦】【市史跡】

 北区都田町、都田テクノパークから西の盆地に下ると、浜松大学の豪華なキャンパスがそびえています。その北側の道を西へ登っていき、右へ分かれる道に恩塚山古墳への案内板があり、案内に従って進むと、果樹園の中にあります。道がだんだん狭くなり不安になりますが、駐車場がありますので気にせず突入しましょう。古墳は径11mの円墳で天井石が露出していますが、横穴式石室が完存。玄室が丁字型の特異な構造で、奥壁、袖部と羨道部は胴張り状になっています。両側壁には鏡石が据えられて、まるで奥壁のようです。全長5.6m、玄室長2m、幅3.8m、高さ2m、羨道長3.6m、幅1.7m、高さ1.3mの両袖式で、玄門、羨門には立柱石が据えられています。ここから尾根の頂上まで登ると、4基ほどの古墳の残骸が確認できます。

古墳正面、羨門の立柱石が残る

羨道

左側壁

右側壁

奧壁

玄門
   他の古墳の残骸


郷ヶ平4号墳 【市史跡】

 浜松市北区都田町の老人ホーム九重荘の隣にあります。かつては8基からなる古墳群でしたが、現存するのは4号墳のみです。全長26.5m、後円部径16.5mの前方後円墳で、周溝が巡っていました。主体部は不明です。出土した埴輪や土器から六世紀前半の築造と考えられます。

 

郷ヶ平3号墳

 2011年度の調査で、2号墳は完全に消滅していましたが、3号墳は地中に周溝が残っていました。この結果、3号墳は一辺10mほどの方墳で、4号墳に先行する六世紀前半の築造とわかりました。周溝には須恵器や円筒埴輪のほか、人物埴輪(巫女)、馬形埴輪が周溝内に落ち込んだ状態で検出されました。

 

馬形埴輪

人物埴輪


蜆塚古墳群

 浜松市中区蜆塚の国史跡・蜆塚貝塚内にあります。貝塚のある丘陵の南斜面にあり、3基の古墳が確認されています。墳丘はほとんど流失し、低いマウンドが残る程度です。いずれも径10mほどの円墳で、1、3号墳は墳丘が一部重複しています。

分布図

1号墳

2号墳

3号墳?


入野古墳 【市史跡】

 浜松市西区入野町のジャスコ北側の住宅街の中に緑地として保存されています。三方が原台地南端に築かれた径44mの円墳で、未調査のため、主体部は不明ですが、埴輪がないことから五世紀前半の古墳と考えられています。

 


火穴古墳 【管理人推薦】

 浜松市北西端の深萩町深萩交差点北東200mにあります。周溝をもつ径22mの円墳ですが墳丘は失われて、石室が露出しています。横穴式石室は天井石が一部欠けていますが、全長9.3m、玄室長2.7m、幅2.1m、高さ2.2mの大型の玄室がほぼ完存しています。石材は特徴的な赤色をしており、阿蘇ピンク石よりも赤いです。

墳丘、天井石が露出

石室正面より

巨大な玄室

奧から、羨道上に見学用の橋が架かっている


館山寺(穴大師)古墳

 浜松市館山寺温泉の北端、浜名湖に突き出た小山に館山寺があり、そのすぐ裏にあります。径12mの円墳で横穴式石室が早くから開口し、現在は弘法大師像が祭られて信仰の対象になっています。全長8.4m、玄室幅2.4m、高さ2.1mの規模で玄室内は煤で真っ黒ですが、ちゃんと古墳虫も生息しています。羨道部はかなり改変されています。

墳丘

羨道

玄室

奧から


亀塚古墳

 浜松市呉松町の農地の中にあります。全長27mの前方後円墳ですが、裾を削られ、現在は21mくらいです。未調査のため、詳細は不明。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system