和歌山県橋本市・九度山町の古墳


■橋本市

陵山古墳

 県史跡。橋本市古佐田の橋本高校のとなり、丸山公園内に保存されています。紀ノ川を見下ろす丘陵上に築かれた径46mの大型円墳で、幅6mの周濠と幅4mの外堤が巡っています。南東方向に横穴式石室が開口していますが、残念ながら玄室はほとんど埋まっています。羨道長5m、幅2m、高さ2mですが、玄室前道が極端に狭く、幅0.4mほどしかありません。側壁は割石を小口積みし、赤色顔料が塗られています。現在、羨道も崩壊の危険があるため、内部は完全に埋められてしまいました。

墳丘、周濠の保存状態は良好

石室開口部、天井がコンクリートで補修されている

羨道奥から外

羨道から、玄室前道。極端に狭くなっている

隅田八幡宮古墳 【管理人推薦】

 市史跡。橋本市隅田の隅田八幡宮西50mにある径16mの円墳です。紀ノ川流域では珍しい切石積みの精美な横穴式石室が開口しています。玄室長3.3m、幅1.7m、高さ1.7m、羨道長1.7m以上、幅1.4m、高さ1.3mの両袖式で、玄門部は柱石の上に梁を架け、羨門には扉石が落下しています。石材は畿内では珍しく、一部L字形の組合せが見られます。古墳は現在荒れ放題で見学が困難な状況です。(聞いたところでは所有者がどうも文化財保護の意識が皆無で、市当局による整備を拒否しているらしい)

開口部。羨門の扉石が落下している。

羨道

切石積みの整美な玄室

玄門部奥より

市脇古墳群

 市史跡。橋本市市脇の相賀神社裏山一帯に分布する現存7基の古墳群ですが、石室が開口するのは2基のみです。社殿裏にある1号墳は羨道が消滅しており、玄室も入り口がほとんど埋まっています。内部の保存状態は良さそうで、玄室長2.8m、幅1.5m、高さ1.5mの規模で、結晶片岩を小口積みしています。西50mの山道沿いに2号墳があります。玄室の奥側だけが残っていますが、現存長3.8m、幅2.4m、高さ2.9mの規模で、1号墳とは一部構造が異なり、奥壁は巨大な1枚石で背の高い大型の玄室です。石材の隙間には粘土(漆喰?)が詰められています。

社殿西に石碑があり、背後の赤い柵が1号墳石室

1号墳、開口部

1号墳玄室

2号墳、側壁は結晶片岩小口積み

2号墳奥壁、結晶片岩としては、なかなかの巨石。


■九度山町

真田古墳(真田のぬけ穴)

 九度山町九度山、南海九度山駅北西に史跡真田庵があり、その東200mにあります。家が入り組んでいるのでわかりにくい場所にありますが、パーマ屋の向かいの民家の前です。真田庵は、真田幸村が大坂の陣まで蟄居していたところといわれていて、その関係で、この石室も大坂まで繋がったぬけ穴と言い伝えられてきました。墳丘はまったくなく、横穴式石室が地下に埋もれていて、羨道の上に民家が建っていますが、保存状態はそのわりには良好です。天井石がなく、一部補修されているようです。玄室長3m、幅1.8m、高さ1.7m、羨道長1.4m、幅1.7m、高さ1.2mの両袖式で、玄門は袖石を立てて区画しています。

道路脇に天井部が開口

玄室、左の植木鉢は奥壁石材の上に置かれている

奥壁、巨大な1枚石

玄門部、羨道は民家の下


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system