奈良県高取町・東中谷遺跡

平安前期の炭パワー!?優美な古墓は果たして消滅するのか?


●奈良県高取町薩摩 東中谷遺跡

●2007年1月28日 現地説明会/橿原考古学研究所

 高取バイパスの建設に伴う調査で、東中谷遺跡を調査した結果、南向き斜面から平安時代の古墓が5基、まとまって見つかりました。中でも2号墓は2.5m×1.2mの大きさで、木棺の周囲に直径3〜5cmの木炭と土を交互に敷き詰め、盛り土で覆って塚を形成したものです。非常に丁寧な造りで、銅鏡の破片、鉄滓などが副葬され、平安前期の高級官僚の墓ではないかと思われます。保存状態も良く、何とか移築保存してほしいものです。その他、1号墓は火葬墓、3号墓は土坑墓、4、5号墓は木棺墓で、大変バラエティに富んでいます。

やぐらを組んだ見学路から2号墓を見下ろす

木炭が詰められた2号墓

手前側に1、3〜5号墓が固まっている、左上方に2号墓

古墓が発見された丘陵の間近に迫る高取バイパスの橋脚


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system