姫路市東部の石棺群


壇場山古墳石棺

 姫路市御国野町国分寺、JR御着駅の北500mにあ国指定史跡(第1、2、3古墳を含む)・壇場山古墳は全長142.8m、西播磨最大の前方後円墳で、幅10〜20mの盾形周濠が巡ります。後円部墳頂に竜山石製の長持形石棺(長さ3m、幅1.4m)の蓋石が露出しています。石室がなく、直接埋められたようです、各辺に2個ずつ縄掛突起がついています。南西に隣接する陪塚の櫛之堂古墳(第2古墳)にも長持形石棺の小口側の石材が露出しています。

周濠跡も完存している。奧が前方部

後円部墳頂の長持形石棺

小口側の縄掛突起

櫛之堂古墳(第2古墳)、露出した長持形石棺小口の石材

山之越古墳石棺

 国指定史跡(壇場山第3号墳)・山之越古墳は壇場山古墳の北に位置する1辺60m、二段築成の大型方墳で、周濠が巡り、墳頂に長持形石棺が露出しています。石棺は長さ2.5m、幅1.2mで縄掛け突起が左右2個ずつあります。北側の小口側も露出しており、長側石にも縄掛突起があります。

東側から

北東部の墳丘裾の葺石

墳頂に露出する長持形石棺

長持形石棺の小口側

国分寺天満神社石棺

 姫路市御国野町国分寺、壇場山古墳の北500mの天満神社境内にあります。この神社は元々壇場山古墳の前方部にありましたが、平成11年に現在地に移転しました。石棺材は長持形石棺の長側石の一部で、溝と縄掛突起が残っています。縄掛突起に種子のような彫り込みがあり、信仰の対象となっています。本来は消滅した陪塚の一つ「藤塚」にあったと伝えられます。

境内に歳徳社として祭られている

溝と縄掛突起が良く残っています

真福寺石棺仏

 姫路市御国野町深志野の真福寺境内にあり、二基の石棺仏が南の田圃に面して建てられています。向かって左側は1.43m×0.96mの石棺蓋石に阿弥陀座像を半肉彫りしていて、大永七年(1527)の銘があり、両親の供養のために造立されたようです。右側は1.16m×0.77mの家形石棺の蓋石に地蔵立像が半肉彫りされています。銘はありませんが、室町時代の様式です。

 

阿弥陀座像

地蔵立像

真禅寺石棺仏

 姫路市別所町北宿、真禅寺境内に二体の石棺仏があります。本堂前にあるものは1.08m×0.87mの家形石棺の蓋石内側に阿弥陀座像を半肉彫りしたもので、文永二年(1265)の銘がありますが、紀年銘がある石棺仏としては、日本最古と言われています。上部の棺材の段違いをそのまま活かした庇状の紋様も他に例がありません。墓地にある一体は家形石棺の蓋石に阿弥陀座像が半肉彫りされたもので、紋様が図形化された珍しい様式です。銘はありませんが、室町時代の作と考えられます。

文永紀年銘石棺仏

図形化された紋様の石棺仏

仏心寺石棺

 姫路市別所町小林の仏心寺境内にあります。長さ1.2mほどの家形石棺の蓋で、1744年に近くの川の土手から掘り出されたという記録が残っています。

 

小林石棺

 姫路市別所町小林、姫路別所駅東の住宅地の中のJR線路沿いに地蔵堂があり、その隣りに置かれています。長持ち形石棺の一部と思われ、縄掛突起の大きさから、かなりの大型石棺と思われます。

豆崎地蔵堂石棺

 上記小林石棺の東500m、位置的には高砂市になりますが、豆崎の集落内にある地蔵堂の横に長持ち形石棺の一部が置かれています。大きさや縄掛突起の形から見て、小林石棺と一対のものだと考えられています。

 

石積山古墳群

 姫路市花田町、天満神社西に1基石室が露出。石室は倉庫と化しています。近くの定額寺に古墳群出土の石棺の底石があります。

佐良和石棺仏

 姫路市飾東町佐良和の地蔵堂に安置されています。87×67cmの石棺材の板石に地蔵立像が半肉彫りされています。貞治二年(1363)の銘があり、「貞治子安地蔵」として信仰を集めています。

 

吉祥寺石棺仏群

 姫路市飾東町佐良和の吉祥寺境内の小堂に、二体の石棺仏が安置されています。向かって左側は地蔵立像、右側は71×59cmの側石に阿弥陀座像が半肉彫りされています。銘はありませんが、ともに南北朝頃の作と見られます。

左側の地蔵立像

右側の阿弥陀座像・・・って、見えません!

志吹地蔵石仏

 姫路市飾東町志吹の県道65号線沿いにあります。78×61×15cmの組合せ式石棺の側石と思われる石材に地蔵立像が彫り出されています。室町前期の作風です。

右側が地蔵石仏

正面

上原田・阿弥陀三尊種子板碑

 姫路市花田町上原田の国道372号線沿い、ヤマダ電機の西にあります。154×105×21cmの石材に阿弥陀三尊の種子が刻まれていますが、月輪の中に彫られているのはあまり例がありません。元々、近くの川から見つかった板碑で、石棺材かどうかは不明です。室町前期頃の作風です。

右側が地蔵石仏

正面


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system