大谷古墳のそばで埴輪窯跡2基を新規発見


和歌山県和歌山市平井「平井遺跡・平井II遺跡」

 2014年2月23日 現地説明会/公益財団法人 和歌山県文化財センター

 第二阪和国道の建設予定地の調査で、古墳後期の埴輪窯2基を発見しました。現地は国史跡・大谷古墳の西500mにあり、同古墳を含めて、今後埴輪の供給先を検討していくことになります。また、隣接地で前方後円墳である平井1号墳や、小型の横穴式石室、陶棺なども新規発見されています。

2号埴輪窯、そのすぐ上が平井1号墳

1号埴輪窯

 

2号埴輪窯

過去の調査で出土した陶棺

出土した双脚輪状紋形埴輪の一部

出土した石見形埴輪の一部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system