岐阜県大垣市・昼飯大塚古墳

葺石と墳丘の構築方法がわかりました


●岐阜県大垣市 昼飯大塚古墳第9次調査

●2005年8月27日 現地説明会/大垣市教育委員会

 国史跡・昼飯大塚古墳第九次調査が実施され、後円部の二段目以上の構造が明らかになりました。葺石は基底石を設けた上に角張った石を土に突き刺すように並べ、さらに隙間には小さな石を詰め込んでいます。また、墳丘は、黒色土、黒色土と黄色土の混合土、黄褐色の砂の三層からなっていることがわかりました。

後円部

二段目裾の葺石、基底石が良く残っています

二段目上テラスの円筒埴輪

後円部の19トレンチ、手前の葺石が二段目裾にあたる


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system