京都府亀岡市・保津車塚古墳

石見型木製品を伴う前方後円墳


 京都府亀岡市の保津車塚古墳は2重周濠をもつ全長34mの前方後円墳であることが判明。濠の底から石見型木製品が出土しました。2001年12月1日現地説明会。

左/墳丘と二重周濠    右/石見型木製品


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system