ホケノ山古墳


ホケノ山古墳の現地説明会が4月8日、9日に開催されました。石囲い木槨と横穴式石室、および、出土遺物が公開されましたので、その画像を速報します。

4月8日現地説明会の様子

石囲い木槨。

木槨の内部。朱が残存。内側に土器が落ち込んでいる。

画文帯神獣鏡

西隣の横穴式石室との位置関係

天井石積み壇に並べられていたと思われる2重口縁壷

横穴式石室玄室側より羨道部。全長14.5m以上。

羨道部。先端部は失われている。

玄室内の組合せ式家型石棺。

羨道部。閉塞石が良好に残っている。

横穴式石室出土の須恵器など。TKは?

玄室内部。石棺は丁寧な造り。羨道幅が狭いので組合せ式でないと玄室には入らない。

<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system