長野県穂高町の古墳


魏磯鬼窟(ぎしきのいわや)古墳(有明D-1号墳) 【管理人特選】

 穂高町有明、有明山神社鳥居前の道を東に進むと、標識があり、そこから山を200mほど登ったところにあります。巨岩の下に洞窟を掘り、その空間に横穴式石室を構築した特異な構造をもつ非常に珍しい古墳です。天井石は数十トンはありそうな巨岩で、玄室は長さ5m、幅1.5〜2.5m、高さ1.5〜2mで、奥にいくほど広い羽子板状をしています。奥壁、側壁とも、角礫で壁を構築した前面に板石でさらに壁を造っています(これも非常に珍しい)。羨道とは板石で区切った左片袖式で羨道長約3.5mです。石室内は後世に修験の場所として二次使用されたため、かなり煤けていて、床面も撹乱されていました。出土した遺物から七世紀前半の築造と見られます。

石室正面

奥壁、角礫の前に板石を立てている

入り口部、右側が少し崩れている

奥壁の石材の様子

陵塚古墳(有明A-1号墳)

 穂高町有明、有明山神社へ行く道の手前、中房川を渡る大王橋の南側の有明高原寮西にあります。径16mの円墳で、横穴式石室は全長8.5m、幅1.2〜1.8m、高さ1.3mの規模で細長く、やや羽子板形をしています。入り口は左片袖状に狭くなっています。

ぢいが塚古墳(有明B-1号墳) 【管理人推薦】

 穂高町有明、郷土資料館南400mの旅館南側林の奥にあります。径36mの円墳で、墳丘、石室とも最大規模です。横穴式石室は羨道が崩れていますが、全長8.78m、幅2.1m、高さ2mの無袖式で、左側壁に巨大な自然の岩をそのまま壁として利用しています。

 石室正面

左側壁の巨岩

奥壁

奥より外

有明B-13号墳

 ぢいが塚古墳南東500mの別荘分譲地内の別荘庭先に保存されています。径12mの円墳で、小型の横穴式石室が残っていますが、ほとんど埋まっている状態です。

有明B-16号墳

 B-13号墳の北100mの林の中にあります。墳丘はかなり消失していて横穴式石室も内部がかなり埋まっていますが、天井石以外は良く残っています。

上原古墳

 穂高町上原の水田中に古墳公園として整備保存されています。昭和5年に耕地整理に伴って発見されました。この地域の特徴の一つとして、地表面下に石室を構築した古墳がいくつか存在し、そのうちの一つです。墳丘はすでに削平されていましたが、地表下の石室は残っていて、長さ10mの無袖式です。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system