京都府長岡京市・恵解山古墳

墳丘の縄張りを示す木製杭が残っていました


●京都府長岡京市勝竜寺 恵解山古墳第7次

●2007年2月24日 現地説明会/財団法人 長岡京市埋蔵文化財センター

 乙訓地域最大の前方後円墳である恵解山古墳の第7次調査で、前方部裾の葺石基底部付近から、墳丘に盛土を施す際の基準に使ったと見られる木製の杭2本が見つかりました。前方部の裾に平行して内側35cmの位置に、5cm四方の角型の杭2本が2.4mの間隔で、敷き詰められた葺石のすき間から、それぞれ地表に5〜10cm程度突き出た状態で腐らずに残っていました。府内では初めての発見です。

前方部西側の裾の葺石

木の杭が腐らずに残っていました

前方部東側の最も葺石の残りの良い斜面


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system