長野県飯田市北部(座光寺地区)の古墳


高岡1号墳 【管理人推薦】

 JR元善光寺駅北東150mの道路沿いにある全長72.3m、後円部径35.2mの前方後円墳で、周溝、葺石、円筒埴輪・形象埴輪が認められます。後円部のくびれ部近くに横穴式石室が開口していて、全長5.6m、幅2m、高さ1.5mの無袖式です。床面が入り口から低くなっている竪穴系で、壁は大きい石材を立てて、その上に平らな石材を積んで形を整えています。石材には朱で彩色されています。


畦地1号墳

 高岡1号墳の北300m、飯田工高の裏の台地先端にある径20mの円墳です。横穴式石室は全長6.67m、幅1.9m、高さ1.5mの両袖式で、石材の積み形や入り口部が床面より高い点は高岡1号墳と共通していますが、やや粗い印象です。奥壁右側にL字状に引っ込んだ空間があり、そこから土砂が流入しています。


平地2号墳

 畦地1号墳の南100mの駐車場の奧にあります。径15mくらいの円墳で、横穴式石室が露出。内部はかなり埋まっています。平地古墳群12基のうち、唯一の現存する古墳です。

石室正面

石室内部


最見塚(最後塚・最ミ塚)古墳

 飯田市座光寺4548、国道153号線座光寺交差点の東100mの住宅地の中にあります。径20mの円墳で、未調査のため、詳細は不明です。墳丘上には桜の巨木があり、夫婦桜と呼ばれ名所となっています。

 


北本城古墳

 麻績神社背後の台地先端にあり、座光寺小学校の移転に伴う調査で全長24mの前方後円墳と判明、現在、校内に移築保存されています。中世に砦として利用されたため、墳丘はかなり改変されています。横穴式石室はやはり高岡1号墳と共通の構造で、全長6.3m、幅1.8m、高さ1.5mの無袖式、天井部は復元です。


石塚1号墳 【管理人推薦】

 麻績神社前にある公民館の奥にあります。径21.8mの円墳で、横穴式石室は全長8.5m、幅2m、高さ2.8mの無袖式でかなり巨大です。入り口部が高くなっている以外は、構造が高岡1号墳三兄弟とは明らかに違い、持ち送りも見られます。


石塚2号墳

 1号墳のすぐ隣にあります。1号墳とほぼ同規模の円墳で、横穴式石室が開口していますが、かつて豚小屋に使用されていて、現在は入り口がかなり埋められています。全長約8m、幅2m、高さ2.5mの無袖式で、規模、構造ともに1号墳と良く似ていますが、こちらのほうが少し新しい印象です。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system