長崎県壱岐市芦辺町東部の古墳


興原古墳

 壱岐市石田町湯岳興触字雨堤、県道173号線から少し東に入った墓地の横にあります。径17mの円墳ですが、小道で墳丘の西側が削られて、羨道を失った横穴式石室が開口しています。玄室長2.7m、幅2.2m、高さ2.8mの両袖式で、巨石を使用した堂々たる石室です。

道路で墳丘が削られている

道路にいきなり玄門が開口

玄室奥壁

奥から


平山1号墳 【管理人推薦】【市史跡】

 壱岐市石田町石田東触字平山、西福寺の西700mの丁字路に標識が出ていて、そこから南へ進み、標識の所から右の林の中へ入っていった先にあります。11m×14mの円墳ですが、現在、保護のため、周囲を石垣で囲まれてしまっています。横穴式石室は全長7.8m、後室長2.1m、幅2.5m、高さ2.85m、前室長2.4m、幅1.3m、高さ1.3mの複室構造で、巨石を使用しています。他に2、3号墳が林の奧にあります。

墳丘の周囲は石垣化されている

石室正面

前室から後室

後室奥壁

後室奥から

前室から入口方向


西福寺古墳

 壱岐市石田町湯岳興触字谷川の西福寺境内にあります。径19mほどの円墳で、南側が削られて、横穴式石室の前面が露出しています。羨道が崩壊していますが、玄室は完存。玄室長2.2m、幅2.0m、高さ2.2mの両袖式で、奥壁は見事な巨石を使用しています。

墳丘は庭園化している

石室開口部、羨道は崩壊

玄室奥壁

奥から


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system