愛媛県今治市北部(旧朝倉村・大西町)の古墳


■旧朝倉村

禰宜屋敷1号墳

 旧朝倉村古谷、多伎神社の鳥居の後ろにあり、古墳を避けるように道路が分岐しています。墳丘と露出した横穴式石室が丁度中軸線に沿って真っ二つに削られており、古墳の断面見本のようになっています。石室は全長7m、幅2m、推定高2mの規模で、径13mくらいの円墳と考えられます。

多伎の宮古墳群

 県指定史跡。旧朝倉村古谷の多伎神社の社殿背後の森一帯に分布する30基以上からなる群集墳で、ほとんどが横穴式石室を主体部とする後期の円墳です。社殿のすぐ裏にある1号墳は積石塚です。

1号墳、積石塚

2号墳、木の根っこに石室が露出

4号墳、石室開口部

4号墳、石室内部

5号墳

5号墳玄室

5号墳奥から入り口

7号墳、石材散乱

6号墳、天井の一部が開口

6号墳、玄室奥壁

9号墳、石材がわずかに露出

11号墳石室開口部、ほとんど埋まっている

牛神古墳

 旧朝倉村、古谷甲1194の県道155号線(周越街道)沿いに今治市朝倉牛神古墳公園として整備公開されています。径13mの円墳で、主体部の横穴式石室は全長6m、玄室長4m、幅2m、高さ2.5m、羨道長2mの両袖式ですが、入り口から照明付きで内部をのぞき込むようになっています。床には敷石があり、前後に区画されているようです。もう1基、長さ2m、幅1mの竪穴式石室も見つかっています。古墳の横に出土品が展示されていますが、説明板が2つあり、築造時期がそれぞれ六世紀前半、後半と違うことが書いてあります。


■旧大西町

妙見山1号墳

 旧大西町宮脇。藤山健康文化公園内に復元保存されています。瀬戸内海を見下ろす標高80mの山頂に築かれた前期の前方後円墳で、全長55m、後円部径36mを測ります。後円部に1号竪穴式石槨(6.7×1.1×0.9m)、前方部に2号竪穴式石槨(3.8m×0.8m)があり、天井石が麓の駐車場すぐ上に移築展示されています。墳丘周囲に箱式石棺が3基見つかっています。史跡や特別史跡に指定されている古墳は数多くありますが、ここはおそらく日本では唯一、復元古墳として、建築・環境デザイン部門のGマークに選定された古墳です。

前方部から見た墳丘、花崗岩の岩盤を削り出して築いている。前方部は短い。裾を貼り石が巡る

後円部から前方部、中央に2号竪穴式石槨があり、墳丘上に器台形埴輪と二重口縁壷が並べられていた。奥に2、3号墳がある。

1号竪穴式石槨の天井石

2号竪穴式石槨の天井石


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system