愛媛県今治市南部(旧朝倉村)の古墳


■旧朝倉村

野田古墳群

 旧朝倉村の野田集落背後の丘陵先端の竹林に1、2号墳、丘陵すぐ麓の畑の中に3、4号墳がそれぞれ隣接して存在しています。1号墳は小祠のすぐ下に横穴式石室が開口していますが、迂闊にも見逃してしまいました。2号墳は、墳丘の前に石材らしきものが置かれています。3、4号墳はともに石材が一部露出しています。

1号墳、反対側に横穴式石室が開口。迂闊にも見逃す!

2号墳、屋根の下にあるのは石室石材か?

おそらく3号墳、石材が一部見えています。

4号墳、石材が一部露出。

野々瀬古墳群 【管理人推薦】

 旧朝倉村朝倉南乙(野々瀬)の笠松山北麓に点在する県下最大の群集墳です。昭和初期には100基以上存在しましたが、現在は20基ほどが残っています。社会福祉法人東予福祉会朝倉作業所(http://www.toyo-fukushikai.com/pages/accessexpansion.html)のそばに古墳群の案内図があり、その周辺に見学しやすい古墳が集まっています。

 1号墳(七間塚)

 県史跡。径18m、高さ6mの円墳で、群中、最大の横穴式石室が開口しています。全長9m、幅2m、高さ2.2mの規模で、花崗岩の巨石を使用し、説明板の絵を見ると、複室構造のようです。

 2、3号墳

 道路沿いに2、3号墳が並んでいます。ともに径10mほどの円墳で、横穴式石室が開口していますが、3号墳はかなり埋まっています。

2号墳

2号墳石室

3号墳

3号墳石室

 12号墳(五間塚、王塚)

 市史跡。案内図の向かいにあります。径15mほどの円墳で、1号墳に次ぐ規模の大型横穴式石室が開口していますが、天井が高いので、1号墳より大きく見えます。玄門部には上下左右に石材を突き出して、玄室と羨道を明確に区別しています。傍らに陪塚古墳の横穴式石室基底部が露出しています。

古墳正面

玄室奥壁

奥から玄門部

傍らにある陪塚古墳の石室

 13、14号墳

 案内図のすぐそば、東予福祉会朝倉作業所の隣に並んでいます。13号墳は径10mくらいの円墳で、小型の横穴式石室が開口。玄門部で天井が一段低くなっていて、内部はかなり埋まっています。14号墳は朝倉作業所の隣にあり、石材が少し見えています。

13号墳正面

13号墳羨道

13号墳玄室

作業所のすぐ隣にある14号墳

 4〜7、9、10号墳

 案内図のところから笠松山へ向かう道路を進むと、4〜7、9、10号墳が道の両側に密集しています。9号墳で石室が開口しているらしいのですが、薮がひどく接近はあきらめました。

4号墳

5号墳、手前のは石室ではなく、現代の石垣

6号墳

7号墳

9号墳

10号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system