滋賀県能登川町・猪子山古墳群

14号墳継続調査中


●滋賀県能登川町 猪子山古墳群

●2003年7月 能登川町教育委員会

 先に現地説明会のあった猪子山古墳群はその後も調査が継続中で、現在14号墳が掘られています。羨道から玄室にかけて当初かなり床面が土砂で埋まっていましたが、保存状態の良い石室で、その全貌があきらかになりつつあります。隣接する五個荘町では猪子山古墳群のあるきぬがさ山の東山麓や国道8号線をはさんだ南東の箕作山北麓に横穴式石室墳が密集しており、そのうちのいくつかを併せて紹介します。

調査中の14号墳

14号墳石室内部

前庭部が掘り下げられた23号墳

箕作山北麓・山の神古墳、水田中に石室が露出

きぬがさ山東麓・正瑞寺1号墳、滋賀県でも有数の大型石室で全長13.4m、玄室長4.7m、幅2.6m、ほかに2基現存

五個荘町・狐塚古墳群、きぬがさ山トンネル東側、大きな流通倉庫前の水田中に3基ほど点在

箕作山北麓・百々矢1号墳、神社境内、群中残存1基のみ

百々矢1号墳石室、玄室長3.5m


inserted by FC2 system