神奈川県伊勢原市の古墳


三之宮3号墳

 東名高速道路の工事で消滅した古墳ですが、横穴式石室が伊勢原市三ノ宮の比々多神社境内に移築されました。石室は全長12m、玄室長7mの非常に細長い構造で、右側壁の途中に、袖石らしき石材が埋め込まれています。馬具や鉄製武具など多数の副葬品が出土しました。

石室正面

玄室奥壁付近


埒免(らちめん)古墳

 上記の比々多神社の西200m、恵泉女学園園芸短大の敷地内にあり、昭和39年に校舎の工事中に発見されました。現在は墳丘を失い、天井石のない横穴式石室が露出しています。玄室長4.8m、幅2m、羨道長4m、幅1mの左片袖式で、石室内から銀装大刀、金銅製馬具、銅鏡など、豪華副葬品が出土しました。平成三年の調査では、墳丘は径40mの円墳と判明しました。古墳は外周道路沿いにあり、石室も、おそらくすぐ目の前にあると思われるのですが、短大が2005年に廃校となり、現在閉鎖されているため、石室は見学できない状況です。

古墳は道路沿いにあり、説明板も設置

しかし、石室は敷地内にあり、見学不可


松山古墳

 上記の比々多神社の北200mの丘陵上、興和工業のすぐ北の農地の中にあります。径19mの円墳ですが、周囲を削られていて、本来は径34mと推定されています。未調査のため詳細は不明ですが、五世紀以前の築造と考えられています。

 


心敬塚古墳

 松山古墳の北400mの小高い丘陵上にあり、となりに水道局の配水池があります。松山古墳よりも大きい円墳と思われますが、未調査なので規模、墳形ともに不明です。そもそも、本当に古墳なのか?急坂を登ってそばまで行っても、とても登れそうにありません。

 


鎧塚古墳群

 伊勢原市西富岡、高部屋小学校のすぐ北側の農地内にあり6基の円墳からなります。1号墳は市道沿いにあり、歩道の上に張り出す形で保存されています。径21mの円墳で、主体部は横穴式石室です。墳丘上にある鎧塚神社の石碑は石室の石材を転用したものらしいです。周辺の農地内にも5基の円墳が分布しています。

 


上粕屋・子易遺跡

 

 伊勢原市子易、県道661号線沿いにあり、2016年に新東名高速道路(第二東海自動車道横浜名古屋線)の建設予定地内の調査で、横穴式石室を主体部とする古墳2基を検出しました。1号墳は大きさは不明ですが円墳で、横穴式石室の基底部が良好に残っていました。石室長4.7m、川原石を積み上げた細長い玄室に、境が不明瞭な細い羨道がつき、その前に前庭部がハの字に開いています。となりの2号墳は径17.5mの円墳で、横穴式石室はほとんど破壊され、裏込石の一部のみ残っていました。調査地のすぐそばに古墳と思われるマウンドがあり、石材が露出しています。おそらく同じ古墳群と思われます。

1号墳、背後から

1号墳横穴式石室正面

2号墳、背後から

命名3号墳、石材露出


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system