大和の石棚付横穴式石室墳


三里古墳

 県史跡。平群町三里の集落奥にあり、古墳の手前を古墳犬が守っています。墳形は不明ですが、前方後円墳と思われます。横穴式石室は天井と側壁の大部分を失っており、全長12m、玄室長4.8m、幅2。4m、羨道長7.2m、幅1.4mの両袖式で、奥壁の低い位置に石棚が架設されています。

岡峯古墳(20-A-15)

 県史跡。下市町阿智賀の町営住宅内にあります。吉野川を望む丘陵先端に築かれた径15mの円墳で、緑泥片岩の板石を小口積みした横穴式石室が西向きに開口しています。羨道長2.15m、幅1.08m、高さ1.75m、玄室長3.05m、幅2m、高さ2.2mで、間に長さ0.8mの前道があります。側壁を持ち送って天井石4枚で覆い、奥壁1.4mの高さに石棚を設けています。石棚の下に奥壁に沿って組合せ式箱式石棺が置かれていますが、底石はありません。石室の形態が、下流の紀ノ川流域のものと非常に似ており、密接な関係が伺えます。

古墳正面

羨道部、狭くなっているのが前道部

羨道から玄門部

玄室、奥壁に石棚・石棺がある。右側の石材は石棺蓋

玄門部、奥より

石棚の下の組合せ式箱式石棺

槙ケ峯古墳

 大淀町新野、稲荷神社裏山の頂上先端部にあります。径11mの円墳で、横穴式石室が南に開口。全長6.5m、玄室長2.8m、幅1.7m、羨道長3.7mの規模で、緑泥片岩の割石を小口積みして、やや持ち送っています。羨道は全壊、玄室も奥側しか残って居ませんが、奥壁に石棚が架設されています。前部が少し破壊されているようです。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system