和歌山県岩出市の古墳


船戸山古墳群 【管理人推薦】

 紀ノ川と貴志川の合流地点という要衝に築かれた8基からなる後期群集墳です。岩出市船戸、JR船戸駅南の丘陵上にある船戸山団地の西側に保存されていますが、保存の良いのは1、2号墳のみで、ともに県史跡に指定されています。

 船戸山1号墳

 現在、最高所(標高70m)にある径10mの円墳で、緑泥片岩の割石で築かれた横穴式石室が西に開口。全長5.6m、玄室長2.1m、幅1.7m、高さ1.6m、羨道長2m、幅0.8mの両袖式で、石棚、梁はなく、岩橋型石室としては小型です。

石室正面

玄室奥壁

玄門部

 船戸山2号墳

 1号墳から西に10m低い位置にある径15mの円墳で、保存状態の良い岩橋型石室が開口しています。玄室、前道、前室、羨道からなり、玄室長2.95m、幅1.8m、高さ2.9m、前道長0.8m、幅0.8m、高さ1.25m、前室長1.6m、幅1m、高さ1.5〜1.8m、羨道長1.2m、幅1.2mの両袖式で、奥へ行くほど、床面が低くなっています。奥壁に棺台、石棚が構築されていますが、棺台は石棚かも知れません。

石室正面、覆屋つき

前室から前道、昔炭焼きに使ったのか煤で真っ黒です

玄室奥壁、下が棺台、上が石棚

前室、奥より


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system