静岡県磐田市南部(旧磐田市)の古墳


澄水山古墳 【市史跡】

 磐田市中泉の磐田農業高校敷地内に二基の古墳が保存されています。澄水山古墳は全長55mの帆立貝式古墳で、五世紀前半の築造とされています。後円部は二段築成で、広いテラスを持ちます。昭和19年に防空壕を掘ったところ墳頂中央2m下から大刀などが見つかり、高校の記念館に保管されているそうです。

 


丸山古墳

 磐田農業高校敷地内にあるもう1基の丸山古墳は径45mの円墳ですが、現状は方墳のように改変されています。墳丘はみかんの木が植えられ、墳頂には旗の掲揚台が設けられています。

 


庚申塚古墳

 磐田市中泉、JR磐田駅の北東300mの区画整理された街中にあります。全長83m、後円部径45mの前方後円墳ですが、現在は後円部の一部だけが残り、その上に大乗院が建てられて、東側の前方部は駐車場となっています。区画整理の時の境内整備工事で埴輪片が見つかったそうです。

 


土器塚(かわらけづか)古墳 【県史跡】

 静岡県指定史跡。磐田市中泉、県立磐田西高校の東の住宅地の中にあります。径36m、高さ5mの円墳で、周囲には幅7mの周溝が巡っていました。主体部付近から鎧の破片が見つかり、五世紀前半頃の築造とわかりました。

保存状態は良さそう

墳丘復元図


観音山古墳

 磐田市天龍、ケーズデンキの西200mにあり、墳丘上に千手観音堂があります。発掘調査で、周溝が見つかり、径36mの円墳と判明しました。

  


御廚古墳群 【国史跡】

 磐田市新貝・鎌田地区の磐田原台地東縁丘陵上に南北に連なる古墳群で、四世紀代の大型古墳が集中しています。松林山古墳・高根山古墳・御廚堂山古墳・稲荷山古墳・秋葉山古墳の5基が国史跡に指定され、南側の古墳は兎山公園内に分布しています。

 

 松林山古墳

 神明中学校北側にあり、JR線に墳丘が一部破壊されています。全長107mの四世紀の前方後円墳で、前方部はかつては茶畑でしたが、現在は古墳らしくなっています。昭和6年の発掘調査で7.9mの長大な竪穴式石室から銅鏡四面、鉄製武具など豊富な副葬品が出土しました。

  以前の姿  最近の姿

 高根山古墳

 神明中学校東側にある径52mの二段築成の大型円墳で、出土した円筒埴輪は松林山古墳と近似しています。

 

 神明古墳、兎山古墳、御廚堂山古墳、八王子古墳

 神明古墳は鎌田神明宮本殿の裏にある径15mの円墳ですが詳細は不明です。兎山古墳は兎山遊園の北側にありますが、低いマウンドが残るのみです。となりにもう1基あります。御廚堂山古墳は芝生広場の東側の丘陵上にある五世紀に築造された長さ34.5mの前方後円墳です。谷間をはさんだ南側に小円墳の八王子古墳があります。

神明古墳

兎山古墳

御廚堂山古墳

八王子古墳


堂山古墳群

 磐田市東貝塚〜西貝塚に分布する6基からなる古墳群ですが、現存するのは3基です。JR線踏切の南の東貝塚バス停そばの交差点に堂山古墳の石碑があり、このあたりに堂山古墳がかつて存在しました。全長110mの県内最大級の前方後円墳ですが、明治時代に採土されほとんど消滅しました。県文化財となっている著名なユギ形埴輪が出土しています。交差点西の道路沿いに前方部の盛り土がわずかに土塀状に残されています。北西200mの線路沿いに3号墳が復元保存されています。一辺24mの二段築成の方墳で、葺石も復元されています。すぐ南にある4号墳は方墳、東昌寺境内にある5号墳は円墳ですが、墳丘はかなり改変されています。2、6号墳は消滅したようです。

分布図

交差点にある堂山古墳の碑

堂山古墳前方部の残骸

3号墳

4号墳

5号墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system