兵庫県加古川市東部(神野町・西条山手・八幡町)の石棺群


石守弥陀石棺仏(堂田の地蔵)

 加古川市神野町石守、皿池の北に堂田の地蔵と呼ばれる三体の石仏があり、そのうちの一体が石棺仏です。116cm×100cm×34cmの家形石棺の蓋に阿弥陀座像が刻まれています。

  

福留日岡神社石棺

 加古川市神野町福留の日岡神社境内にあります。65cm×56cm×12cmの大きさの側石材で、溝の加工が残っています。

 

常光寺石棺仏

 加古川市神野町神野の常光寺墓地入口の無縁仏の中に置かれています。。40cm×27cm×18cmの大きさの底石に弥陀座像が彫り出されていますが、かなり破壊されているので、本来の姿がわかりません。裏側には段差加工が残っています。

石棺仏は、ちょうどコンマスの位置にあります

あきらかに原型を留めていない

念仏橋たもとの石棺

 加古川市神野町神野の念仏橋のたもとに石仏があり、その横に家形石棺の蓋石が頭だけ露出しています。42cm以上×96cm×20cmの大きさで、地蔵石仏の陰に隠れてひっそりと存在しています。

これでは、わかる人にしかわからないですね

なぜ、こんな状況になったのか・・?

西之山墓地石棺仏(墓地の六地蔵)

 加古川市神野町西之山の共同墓地の入口に二体の石棺仏が並んで立てられています。ともに組合せ式石棺の側石を使用していて、左側は116cm×66cm×10.5cmの石材に一体の地蔵立像と三体の弥陀座像を薄肉彫りしています。右側は130cm×67cm×20cmの石材に二体の弥陀座像を浮彫しています。どちらも作風が似ており、周辺の石棺仏とも共通する様式であり、南北朝時代の作と思われます。

墓地の入口に並んで立つ

裏側

左の四尊石棺仏

右の二尊石棺仏

西之山弥陀石棺仏(お釈迦さん)

 加古川市神野町西之山の公会堂の裏にあります。家形石棺の蓋石を縦割りし、上部をそのまま庇に残した上で、くり込み部に弥陀座像を厚肉彫りしています。166cm×48cm×32cmの大きさで、造形が良く残っており、室町時代のものと思われます。

正面

横から

西之山大師堂六地蔵石棺仏

 加古川市神野町西之山の集落南端の墓地前にある大師堂に安置されています。134cm×80cm×21cmの石棺材(底石か?)に六体の地蔵菩薩立像を並べて彫り出しています。康永元年(1342)の銘があります。残念ながら普段は施錠されていて窓の隙間から覗くしかありません。鍵は自治会長さんが持っているらしいのですが・・・。

  


城山霊園の石棺

 加古川市西条山手の城山霊園の入口にあります。148cm×109cm×37cmの家形石棺の蓋石が突っ立っています。後世にくり抜き部が長辺両端まで加工されていますが、全体としては丁寧な造りです。何に利用されていたのかは不明です。

  

城山麓の石棺

 加古川市西条山手の城山霊園の入口、上記の石棺から道路を挟んで反対側の林の中にあります。165cm×86cm×34cmの家形石棺の蓋ですが、かなり端部を削られています。隣りの覆屋の中には西条10号墳の石棺が保存されています。

  手前が石棺、奧の覆屋は西条10号墳の石棺

西条10号墳石棺

 加古川市西条山手の城山霊園の入口、上記の石棺の隣りの覆屋の中に保存されています。古墳は宅地開発で消滅しましたが、主体部は粘土に覆われた組合せ式箱式石棺が良好に残り、人骨も検出されたため、現在地に移設保存されました。160cm×50cmの大きさで内部は朱で塗られ、礫が敷き詰められていました。被葬者は20歳前後の女性と推定されています。

組合せ式箱式石棺

内部には朱が残っています

塚脇公園石棺(西条4号墳石棺)

 加古川市西条山手の塚脇公園に、西条4号墳から出土した大型の家形石棺の蓋石が立てられています。210cm(地上に出ているのは166cm)×121cm×22cmの大きさで、これは市内では池尻16号墳石棺に次ぐ巨大さです。しかし、大きさの割には薄く、新しさを感じます。

かなりの大型で迫力満点

でも、大きさの割に薄い

永昌寺弥陀三尊石棺仏(寺本地蔵)

 加古川市神野町西条、城山霊園石棺のすぐ西の山麓に永昌寺があり、その前の道路沿いにあります。166cm×94cm×28cmの家形石棺の蓋石に弥陀三尊像を彫り出していますが、下の方にあるはずの両脇侍は損傷がひどく、確認できません。脇侍ではなく、願主像だった可能性もあります。地元では寺本地蔵と呼ばれていますが、どうみても阿弥陀如来です。康永二年(1343)の銘があります。

 

下側の損傷がひどい

上部の稜線は良く残っている


上西条地蔵堂地蔵石棺仏

 加古川市八幡町上西条、集落の中にある地蔵堂に安置されています。高さ85cmの家形石棺の蓋に地蔵立像が彫られています。南北朝頃の作風と思われます。また、地蔵堂の裏にも石棺材が1個置かれています。87cm×56cmの大きさで、元は164cmあったと書かれています。

 

地蔵菩薩石棺仏

地蔵堂裏の石棺材

上西条墓地地蔵石棺仏

 加古川市八幡町上西条の成福寺墓地に二体の地蔵石棺仏が並んで置かれています。向かって左側は84cm×46cm×11cmの組合せ式石棺の側石の上端部を加工して、地蔵菩薩立像を浮彫しています。右側は89cm×64cm×15cmの家形石棺の蓋石に同じく地蔵菩薩立像を彫り出しています。上西条地蔵堂の石棺仏と同じ頃の作と思われます。

二つ並んだ地蔵石棺仏

反対側

八幡神社石棺群

 加古川市八幡町野村の宗佐厄神八幡神社(宗佐の厄神さん)境内に3基の家型石棺蓋石が残されています。正面の石段を上った所には左右に蓋石が立てられています。北側は116cm×82cm×23cm、南側は114cm×81cm×26cmと、ほぼ同じ大きさです。ともに縄掛突起はなく、保存状態も良好です。境内南側の稲荷社には、小型の蓋石が転がっていますが長辺の片側を割られています。

 

北側の石棺

南側の石棺

裏側

稲荷社の石棺蓋


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system