兵庫県加古川市中部(加古川町)の石棺群


氷丘中学校石棺

 加古川市加古川町大野の氷丘中学校の正門を入ったすぐ前に石棺の身と底石が置かれています。左のくり抜き式石棺の身は160cm×74cm×54cmの大きさで、元、日岡山の土取り場に放置されていたのを移設したものです。右側の底石は155cm×76cm×20cmの大きさで、段差加工が綺麗に残っています。元、大野集会所にあったのを移設したものです。

くり抜き式石棺身

底石


常楽寺石棺、および地蔵石棺仏

 加古川市加古川町大野、日岡山の西の麓に常楽寺があり、本堂東側にくり抜き式石棺の身が置かれています。竜山石製で、146×75×54cmの大きさです。現状は、割り箸立てのように卒塔婆が突っ込まれています。その後ろに立つ地蔵石棺仏は短側石を転用したものと思われます。

 

石棺、および石棺仏

くり抜き式石棺の身

地蔵石棺仏


大野薬師堂石棺

 加古川市加古川町大野の薬師堂(惣道寺)に二つの石棺材が置かれています。東側のものは105cm×60cm×5.5cmの底石で、一部破損しています。北側のものは190cm×48.5cm×20cmの組合せ式石棺の側石で、かなり長いです。

東側の底石

北側の側石


中津石棺仏

 加古川市加古川町中津、水源地となりの権現神社前にあります。105cm×83cm×24cmの石棺材に弥陀如来と思われる如来座像が浮彫にされています。風化が激しく、時期の特定は困難ですが、室町期の作と思われます。

  


願成寺阿弥陀石棺仏

 加古川市加古川町河原の願成寺境内にあります。64cm×43cm×18cmの大きさの石棺材に弥陀座像二体が彫り出されています。かつて、すぐそばの加古川の河原から掘り出されたとの言い伝えがあります。室町前期頃の作風です。

  


龍泉寺二尊石棺仏

 加古川市加古川町平野の龍泉寺境内にあります。石棺材に二体の座像を刻んでいますが、磨滅が進み、作風も不明瞭です。

 


胴切れの地蔵石棺仏

 加古川市加古川町平野龍泉寺の西100mの旧山陽道沿いにあります。上下二つに分断された地蔵菩薩石仏で、石棺材の転用とされていますが、これについては確証がありません。

旧山陽道沿いにある地蔵堂

上下真っ二つにされた石仏


称名寺石棺

 加古川市加古川町西本町の称名寺の山門前にあり、記念碑の台石となっています。137cm×73cm×27cmの家形石棺の蓋石で、縄掛突起はありません。

 


加古川西高石棺

 加古川市加古川町本町の加古川西高校内にあります。174.5cm×94cm×21cmの大きさの箱式石棺が移設されています。となりに横穴式石室も移築されているのですが、どこの古墳のものなのか?説明が一切ないので、まったくわかりません。

移設された箱式石棺

謎の横穴式石室


加古川東高石棺

 加古川市加古川町粟津の加古川東高校テニスコート前にあります。177cm×83cm×50cmのくり抜き式石棺の身が完存していますが、訪問時、扉が閉まっていたので、外から望遠で撮影しました。

 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system