兵庫県加古川市北西部(志方町)の石棺群


池尻16号墳石棺蓋、投松石棺身

 池尻16号墳は、大型の横穴式石室を持つ大方墳でしたが、現在は平荘湖の湖底に水没しています。石室の中に納められていた大型の家形石棺の蓋と身がそれぞれ異なる場所に保管されています。蓋石は、平荘町池尻の平荘湖の畔の弁天神社にあり、233cm ×160cm×60cmの巨大サイズで、縄掛突起も明瞭に残っています。

側面

小口側

 石棺身は加古川市志方町投松の投松公会堂にあります。228cm×142cm×95cmの巨大なくり抜き式石棺の身で、江戸時代に持ち出され、姫路城下まで運ばれていく途中、重すぎたため現地近くに放棄された記録があります。上面から10cmほど、浅い段が加工されています。

側面

小口側


金正寺石棺

 加古川市志方町投松の金正寺境内にあります。家形石棺の蓋とくり抜き式の身がセットで置かれていて、蓋石は139cm×66cm×30cm、身は125cm×56cm×46cmの大きさです。一見、元からこの姿だったように見えますが、元々、寺にあった身に、近くの墓地にあった蓋石を持ってきて合わせたものなので、本来一体だったかどうかは不明です。

 


円福寺石棺(名号石棺板碑)

 加古川市志方町高畑の円福寺境内にあります。「古墳のお部屋」では、家形石棺の蓋が板碑として立てられ、その前に身が置かれている状況でしたが、本堂を新築した機会に、どうやら身と蓋が合わさった本来の姿に戻して展示されるようになったみたいです。

 


広尾東・堂山六地蔵石棺仏、石棺蓋

 加古川市志方町広尾の広尾東バス停前にあります。90cm×60cmの板状の石材に上下六段に地蔵が彫られた素朴な石仏で、地蔵寺の六地蔵石棺仏と比べると、少し後の室町時代後期の作と考えられますが、保存状態は良好です。左下に石仏の施主と思われる女人像が刻まれています。

  

 お堂の南東角の土台に家形石棺の蓋が使用されています。ほとんど埋め込まれているので、全体像は不明ですが、赤い顔料が残っています。その上の平石も赤いので、石棺材の可能性があります。

  


広尾西墓地・弥陀三尊種子石棺板碑

 加古川市志方町広尾西の広尾西墓地にあります。現高208cm、幅75cm、厚さ20cmの大型の組合せ式石棺の底石の右側を縦割りして上部を円弧状に加工した石材に弥陀三尊の種子を薬研彫りしています。正和三年(1314)の銘があります。

かなり大きな石材

上部に残る溝


安楽寺石棺

 加古川市志方町細工所の安楽寺境内にあります。門を入るとすぐ左にあり、112cm×80cm×48cmのくり抜き式で、くり抜きの深さは浅めです。となりにあるのはただの手水鉢です。

 


志方東小学校石棺

 加古川市志方町広尾西の志方東小学校校庭にあります。96cm×74cm×25cmの家形石棺の蓋ですが、フェンスの外から、運動場を挟んではるか向こう側にあるため、遠すぎて、よくわかりません。最も近い位置から望遠で撮影してみましたが、説明板の家形石棺の蓋、という文字だけは読みとれました。

 


大沢地蔵石棺仏

 加古川市志方町大沢、志方東小学校の北西500mの民家庭先にあります。路地に面しているので、見学は自由にできます。60cm×69cm×11cmの底石に地蔵菩薩立像が浮彫されています。小型ですが、優美な造形です。

路地沿いにあります

裏側に溝あり


手跡石

 加古川市志方町大沢、山陽自動車道加古川北IC近くの大歳神社境内にあります。法華山一乗寺の法道仙人の手跡という伝説のある石ですが、一目見れば、石棺材とすぐにわかります。72cm以上×66cm×19cmの家形石棺の蓋石の表側に、名前の通り、手跡のような彫り込みがあります。かなり破壊されていますが、裏側にはわずかにくり抜きも残っています。

正面、手跡のような彫り込みがある

裏側、くり抜きがある


宮谷墓地六地蔵石棺仏

 加古川市志方町東飯坂の宮谷墓地にあります。ここは場所が大変わかりにくく、面向山古墳へ向かう、溜め池堤防の道を、古墳へ向かわずに池沿いに真っ直ぐ進み、500mほどで、山沿いに右へ曲がると、竹林の中にあります。60cm×46cmほどの石材に六体の地蔵菩薩立像を上下二段に刻んでいます。

墓地入口にある

フレンドリーな作風


皿池二尊石棺仏

 加古川市志方町志方町の皿池交差点にある皿池の西の畔にあります。80cm×99cm×15cmの石棺材に弥陀坐像と地蔵坐像を半肉彫りしています。室町前期頃の作品で、磨滅が進んでいますが、全体に均整のとれた気品のある石棺仏です。

池の畔に佇む石棺仏

二尊のバランスが美しい


お清地蔵石棺仏

 加古川市志方町志方町の皿池交差点の南300mにある市営住宅の隣にあります。75cm×69cm×16cmの家形石棺の蓋に地蔵菩薩を彫り出しているそうですが、現在前掛けで石棺仏がほとんど隠されているため、中身を確認することができません。外形を見た所では、家形石棺の蓋としてはかなり変形してしまっているようです。

 


妙正寺石棺

 加古川市志方町横大路の妙正寺境内にあります。門を入ったすぐ右側に家形石棺の蓋が置かれています。120cm×69cm×25cmの寸法で、縄掛突起はありません。水抜きの溝が彫られているので、手水鉢に転用されていたようです。その前の水桶も、モルタルで固められたくり抜き式石棺の身ということですが、本当でしょうか?174cm×86cm×50cmと、わりと大きいのに、肉厚が10cmほどしかありません。

家形石棺蓋

くり抜き式石棺の身?奧に蓋石が見える


称徳寺石棺

 加古川市志方町西牧の称徳寺境内にあります。大型の家形石棺の蓋石で、2m×0.9m×0.4mの大きさで竜山石製です。縄掛突起も含め稜線がきちんと加工されていますが、小口側の突起は削られています。最近まで井戸枠に転用されていたそうです。

小口側の縄掛突起は欠けている

退化した縄掛突起


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system