兵庫県上郡町北部の古墳


鳳張古墳群 【管理人特選】

 上郡町船坂の谷間にあり、県道に標識がでています。谷間の道を挟んで1、2号墳が並んでいます。

 ■鳳張1号墳 【県史跡】

 14m×21mの方墳で、横穴式石室は南に開口し、玄室長6.5m、幅2m、高さ2.9mの右片袖式で奥壁に石棚が付設されています。石棚下の床面にも板石が敷かれています。

石室正面

石棚のある玄室奥壁

玄門部

薄くて広い石棚

 ■鳳張2号墳 【県史跡】

 長径27.5mの楕円径墳で、玄室と羨道の区別はありません。全長9.4m、幅1.6m、高さ2.2mで一部の天井石に擦過痕が残っています。

石室正面

玄室奥壁

玄室奥から

天井石の擦過痕

 ■鳳張3号墳

 兵庫県遺跡地図によると、3号墳があるらしいので、訪問してきました。1、2号墳から里道を奥へ進むと、道が二つに分かれています。右へ進み、100mほどで、左側の林の中に入り、谷川を超えて、北の山麓まで行くと、山裾に古墳が見えてきます。横穴式石室は、羨道が崩壊し、玄室の前側も巨大な天井石が落下しています。しかし、奧側は完存していて、幅、高さとも現状で2mくらいです。1、2号墳と較べると、石積みに荒さが目立ちます。

石室正面

巨大な天井石が落下

玄室奥壁

玄室奧から


名村古墳群

 上郡町八保甲名村。集落西の山の南斜面に造られた墓地の中にあり、2基からなります。墓地を登り始めて50mほどで1号墳があります。現状で径5mほどの円墳で、横穴式石室の奧側だけが残存。割石を積み上げた幅、高さとも1.5mほどの大きさで、石仏が祭られています。すぐ北に樹木に隠された2号墳があります。横穴式石室は幅1mほどで、かなり埋まっているため非常に狭く、完全に匍匐前進仕様。奥壁のすぐ前を板石で仕切って両袖としています。玄室内は激狭で、完全に被葬者気分です。玄室は和気町新林古墳の石室と共通する設計思想なのかもしれません。

1号墳

1号墳石室

2号墳

2号墳石室正面、中は非常に狭い

2号墳石室内部、両袖式

玄室奧から


丸尾古墳 【管理人推薦】【県史跡】

 上郡町上郡の兵庫県庁舎裏の墓地にある径12mの円墳で、羨門と奥壁が開口しています。全長10.4m、玄室長5.8m、幅2.2m、高さ2m、羨道長4.6m、幅1.4m、高さ1.5mの右片袖式で羨道東側壁に接して、長さ218cm、幅33cmの亀甲式屋根型陶棺の身が残されています。陶棺の蓋は上郡町郷土資料館に展示されています。

石室開口部

玄室奥壁方向、奥壁も開口

玄室奧から、右片袖式

玄室奥から、左側壁前に陶棺がある

原位置にある陶棺

郷土資料館にある陶棺の蓋


惣尻古墳群

 上郡町尾長谷、惣尻公民館の北東100mの民家裏に1、2号墳、その西200mの山裾に3号墳があり、1、2号墳で横穴式石室が開口しています。

 ■惣尻1号墳

 民家のすぐ裏にあります。墳丘はかなり削られていますが、横穴式石室は玄室が完存。現存長4.2m、玄室長3m、幅2.2m、高さ2mの両袖式で、羨道部はほとんど残っていません。玄門は立柱石を左右に立てています。玄室はやや胴張り状で、幅が広い割には奥行きがありません。

民家すぐ裏にある墳丘、かなり削られている

入口、すぐ玄門

玄室奧壁

玄室奥から

 ■惣尻2号墳

 1号墳のすぐ北側にあり、墳丘が一部墓地となっています。開口部は狭いですが、内部はほぼ完存しています。全長6.8m、玄室長3.4m、幅1.7m、高さ2mの右片袖式で、奥壁は巨石二枚ですが、側壁は小型の石材を積み上げています。

石室開口部

羨道から玄門

玄室奧壁

玄室奥から、右片袖式

 ■惣尻3号墳

 1、2号墳の西200m、山裾の山林内にあります。墳丘はほとんどなく、横穴式石室の石材が露出しています。詳細は不明。

山林内に石材露出、多分石室正面

多分、奧側から


井の端古墳群 【7、8号墳が県史跡】

 上郡町山野里の丘陵上に位置する弥生時代からの墳墓群で、「上郡ピュアランド山の里」敷地内に保存されています。12号墳は径10mの円墳で木棺墓坑が復元展示されています。7、8号墓は弥生時代の墳丘墓で7号墓の墳頂には箱式石棺、竪穴式石槨、木棺墓坑の3基の埋葬施設がありました。

井の端12号墳

井の端7号墓


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system