広島県福山市(旧神辺町西部・福山市東部)の古墳


大坊古墳 【管理人特選】【県史跡】

 神辺町西中条、宮ノ下バス停の西200m、道路から説明板が見えています。径14mの円墳で、巨石で築かれた横穴式石室が開口。群馬の観音塚古墳をひとまわり小さくした感じです。全長11.3m、玄室長5.32m、幅1.92m、高さ1.91m、羨道長4.82m、幅1.92m、高さ1.92mの石室は大佐山白塚と似た構造で中央部に石柱と天井石を張り出させて玄室と羨道を区別しています。また玄室のほぼ中央床面を二個の細長い石で仕切っています。

石室正面

羨道

玄室

玄室奧から

左側壁の巨石

玄室床面の仕切


安光古墳群

 旧神辺町西中条、西中条集落から北の山奧に墓地があり、そこへ行く途中の道の右上に1号墳(カンカン石古墳)の横穴式石室が開口しています。墳丘は半壊し、石室の前側も失われていますが、玄室奧側は完存。全長7.4m、幅2m、高さ2mの左片袖式で、玄室内は石仏が祭られ、壁には江戸時代の文字が彫られています。

1号墳、非常にわかりやすい立地

1号墳、石室正面

玄室奥壁、信仰の場となっている

玄室奧から

 1号墳の背後の狭い範囲に石室がいくつか開口しています。すぐ右側の墓地後ろに小さな竪穴式石室が露出。3号墳と思われます。林の中に入るとすぐに横穴式石室の奥壁付近が露出しています。4号墳と思われます。現存長3.9m、幅1.5mの規模です。右手の斜面にそって進むと、すぐに横穴式石室の奥壁が露出、2号墳としておきます。さらに奧、崖となったところに石組みが残っています。これが7号墳でしょうか?この奧にはなさそうです。4号墳まで戻って、左側に回ると、小石室の側壁が露出しています。5号墳の竪穴式石室と思われます。残る6号墳は不明。なお、1号墳以外はすべて仮称です。

1号墳(左端)のすぐ右に小石室開口、3号墳か?

3号墳、石室内部

4号墳?横穴式石室

4号墳?横穴式石室内部

2号墳?横穴式石室

2号墳?横穴式石室奥壁

7号墳?石材散乱

4号墳の左にある5号墳?竪穴式石室側壁


大蔭2号墳 【市史跡】

 春日町能島、能島丘第2公園の中に現状保存されています。墳丘はかなり流失していますが、横穴式石室はよく残っています。全長5m、幅1m、高さ1mの細長い石室で、内部は花崗岩の表面を平滑に加工しています。

公園内に保存

横穴式石室が開口

石室内部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system