同じ古墳群内で三代にわたる造墓の跡


■静岡県湖西市神座「神座B古墳群」

 

 2014年8月23日 現地説明会/駒澤大学考古学研究室

 4〜7号墳が調査されました。4、5、7号墳は昨年度からの継続になります。このうち、近接する4〜6号墳は横穴式石室がすべて西向きで、規模、形状が似ていることがわかり、同じ家族の三代にわたる墓ではないかと考えられます。7号墳は、北東方向に開口し、唯一石棺が出土。4〜6号墳とは違う家族の墓と思われます。

4号墳、石室奧から、玄室は昨年調査

4号墳、石室羨道と墓道

5号墳玄室、もっとも保存がよい

5号墳玄室、入口の樒石と礫敷

6号墳玄室

6号墳玄室の奥壁付近

7号墳調査中、石室は崩壊している

7号墳石室、組合せ式石棺

未調査の1号墳

未調査の3号墳

未調査の8号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system