広島県庄原市・唐櫃古墳

巨大石室をもつ前方後円墳の整備完成


●広島県庄原市川西町 唐櫃古墳

●2004年8月 一般公開/庄原市教育委員会

 広島県北部で最大の横穴式石室をもつ県史跡唐櫃古墳(明賀古墳)の整備事業が終了し、巨大な石室が自由に見学可能になりました。6世紀後半の前方後円墳で全長41.4m、石室全長13.1m、玄室長7.2m、幅2.4m、高さ2.6mの巨石墳です。


ホームに戻る

inserted by FC2 system