唐古・鍵遺跡で大型建物跡発見


 奈良県田原本町の国史跡「唐古・鍵遺跡」で弥生時代中期初頭の大型建物跡と見られる3列の柱穴列と柱痕が初めて発見されました。南北に長軸を持つ2間(7m)×5間以上(11.4m以上)の総柱型高床建物の跡と推定されます。柱痕の直径は60cm、2本はケヤキ材、1本はヤマグワ材です。また、中央柱列には棟持柱と見られる柱が独立して存在していました。

<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system