兵庫県加西市北部の古墳


皇塚(こうづか)古墳

 市史跡。加西市上野町の石部神社裏山山頂にあり、登り道が整備されています。自然地形を利用した径10mほどの円墳で、主体部は竪穴式石室ですが、現在は埋め戻されています。

 

森脇古墳

 加西市佐谷町の集落の西側山麓に横穴式石室が露出していて、稲荷神社が祭られています。内部は完全に埋まっていて、玄室長4.1m、幅2.1mの規模です。

側面

奥側

穴塚古墳群

 加西市広原町の北端にあるため池のほとりにあります。森脇古墳から市道で西へ山越えしたところです。3基からなり、1号墳の横穴式石室が開口しています。墳丘はかなり変形していますが、径13mの円墳で、羨道部が良くわかりませんが、玄室長5m、幅1.8m、高さ2mの規模です。西に隣接する2、3号墳は、くずれた墳丘がわかる程度です。

1号墳

1号墳開口部

1号墳奥壁

1号墳奥から外

鴨谷大塚古墳 【管理人推薦】

 加西市鴨谷町の民家(内藤さん)の庭に巨大な横穴式石室が完全に露出しています。この姿で良く今日まで残ったものだと感心します。全長11m、玄室長5.5m、幅2.3m、高さ2.4m、羨道長5.5m、幅1.6m、高さ1.6mの両袖式で、羨門は植栽で塞がれていますが、奥壁部が崩壊して開口しています。自然石乱石積みで巨石をあまり加工せず使用しています。なお、100m北の農地の中に石棺の露出した小円墳があります。

民家の前に聳える巨大な石室

奥壁側が崩れて開口している

玄門部

奥壁、完全に崩壊している

羨道奥から、入り口は植栽によって塞がれています。

正面より

堂山古墳

 加西市窪田町の大日寺というお寺の境内にあり、本堂裏の中庭に石室が開口しています。径15mくらいの円墳で、全長8.3m、玄室長6m、幅2m、高さ2.4m、羨道長2.3m、幅1.4m、高さ1.5mの右片袖式で、羨道部が一部補修されているかもしれません。石材は小ぶりで、ごつごつした印象。右側壁がかなり倒れてきています。

亀山古墳

 加西市笹倉町の玉丘古墳を見下ろす国塊神社裏山山頂にあります。標高163mの山頂の岩盤を削って造られた径50mの大円墳で、裾には円筒埴輪列が巡っています。主体部は岩盤をくり抜いて造られた土坑墓2基でうち1基には天井石が残っていました。

女鹿山古墳群

 加西市西上野町の丘陵上に21基の円墳が群集しています。2002年の発掘調査で6、21号墳から初期の須恵器が出土しました。

発掘調査された6号墳

21号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system