滋賀県大津市春日山古墳群D支群東地区 


 大津市真野の堅田丘陵先端部に広く分布する滋賀県最大の群集墳で、現在230基以上が確認されていますが、過去に破壊されたもの、未発見の物を加えると、総数は250基を越えそうです。尾根ごとに分布のまとまりがあって、古墳の様相が違っており、それぞれ、ABCDEFGIJ支群に分類されています。このうち、E支群が国史跡に指定されています。これまで全体を見学するのは、なかなか困難でしたが、最近古墳群を取り込むように県立春日山公園ができたために、非常に見学し易くなりました。ただし、一般向けに見学しやすく整備されているのは、G-1号墳、I-5号墳の2基だけで、他の古墳を見学するには、古墳検定3級以上が必要です。 【管理人推薦】

 

D支群東地区

 C支群の東隣りの丘陵上にD支群があります。現存44基で、全体的に保存状態の良い古墳が少ないのですが、丁字型石室や階段状天井石、双円墳と見られる古墳など、特徴ある古墳がいくつか見られます。尾根上に連なる東地区と、塊状に密集する西地区とからなります。公園からアプローチするには、ビオトープ池の南側に、尾根上への登り道があり、少し進むとD-48号墳があります。径15mの円墳で、ここから東へ進むとE支群に繋がります。48号墳の南へ細い山道を50mほど進むと2号墳の大きな墳丘があります。径18mの円墳で、完存していますが、石室は未開口です。南となりの1号墳は径20mの円墳で、石室の奧側が開口。玄室は4.83m×2.1m×2m、羨道は2m×1.2m×0.84mの右片袖式で、玄室は胴張り状、天井石は逆階段状になっています。北側にある3号墳は石材が少し露出しています。

D-48号墳

D-2号墳

D-1号墳石室正面側

D-1号墳玄室奧側より

D-1号墳奧から玄門部

D-3号墳

 3号墳の西にある4号墳は、石室の一部が露出。玄室長3.5m、幅2mの右片袖式です。1号墳の西にある5号墳は径15mの円墳で、巨大な天井石のはずされた石室が完全に露出しています。玄室長4m、幅1.8m、羨道幅0.8mの両袖式で、玄室平面形は良く残っています。1号墳の南に7、8号墳があります。7号墳は石材の一部が露出。8号墳は、天井石を失った石室が露出、内部は埋没しています。5号墳の西の9号墳は径17mの大きな円墳ですが、墳頂に巨大な陥没坑があります。

D-4号墳

D-5号墳石室正面

D-5号墳玄室

D-5号墳玄室奧から

D-7号墳

D-8号墳

D-8号墳、見上げ石か?

D-9号墳の巨大な陥没坑

 9号墳の南側の33号墳、北側の31、32号墳はいずれも小円墳が崩壊しています。32号墳の西斜面下にも分布図にない小円墳が1基ありますが、欠番の6号墳かも知れません。9号墳の西となりの10号墳は、径14mの円墳で、石室は玄室奧側が大きく開口しています。玄室は3.65m×1.72m×1.8m、羨道幅0.86mの右片袖式で、左側壁がくずれ気味です。この古墳は隣の29号墳と合わせて双円墳との見方もあるようです。その南西に隣接する29号墳は径12mの円墳で、石室は奥壁側が開口。玄室サイズ1.65m×1.05m×0.76m、羨道は0.68m×0.77mの右片袖式で、羨道部は完全に埋まっています。さらに南側の11号墳はかなり封土が流失しています。

D-10号墳、石室正面側

D-10号墳、奥側

D-10号墳、玄室内奧から

D-10号墳、奥壁方向

D-29号墳、玄室奧が開口

D-29号墳、玄室内部奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system