岐阜県大垣市・桂谷古墳群

1号墳は二段の列石を持つ径17mの円墳と判明


桂谷古墳群(岐阜県大垣市上石津町牧田) 

 現地説明会2009年10月10日/大垣市教育委員会

 範囲確認のために1、2号墳が調査されました。旧上石津町は2006年に大垣市に編入合併されましたが、昼飯大塚古墳を擁して文化財行政に熱心な大垣市の一部となったことで、今回の調査が可能となりました。1号墳は、上下二段の列石が良好に残り、径17m、高さ6mの円墳と判明しました。六世紀後半頃の築造です。隣にある2号墳は径11m、高さが現状で2.5mの円墳で、幅1mの周溝が巡ります。1号墳の後に築かれました。

1号墳、すぐ前は東名高速

隣の2号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system