兵庫県豊岡市(旧城崎町)の古墳


二見谷古墳群 【管理人推薦】

 県指定史跡。旧城崎町上山、円山川西岸のJR玄部洞駅南に標識があり、そこから西へ登っていくと、4号墳があり、谷をはさんで北側の墓地に1〜3号墳があります。

 1号墳

 径20mの円墳と推定されます。横穴式石室は天井石が一部復元されていますが、全長8.45m、玄室長5.3m、幅2m、高さ3.08m、羨道長3.1m、幅1.35m、高さ1.35mの両袖式で、内部には長さ2.2m、幅0.8m、高さ0.58mの凝灰岩製くり抜き式家形石棺が納められ、羨道部には閉塞石が残り、追葬の痕跡も認められます。

 ■2号墳

 墳丘はほとんど失われ、破壊された横穴式石室が露出しています。

 

 ■3号墳

 墳丘はわりと残っており、天井石の一部が見えています。一見積み石塚に見えますが、どこまで当初の物かはわかりません。

 

 ■4号墳

 墳丘は失われ、横穴式石室が開口しています。横穴式石室は全長9.7m、玄室長4.2m、幅1.76m、高さ1.9m、羨道長2.4m、幅1.04m、高さ1.6mの両袖式で凝灰岩製の組合せ式家形石棺が納められていましたが、現在置かれているのは一部復元した物で、元の石材は奥に置かれています。

ケゴヤ古墳 【管理人推薦】

 県指定史跡。旧城崎町上山、二見谷古墳群から町道を北へ800m。円山川西岸に張り出した尾根の先端部にあり、すぐ下の町道に標識が出ています。JRをはさんだ県道3号線沿いにある「城崎街道海の駅<http://www.uminoeki.co.jp/>」のすぐ前です。山側に馬蹄形の溝を設けた径15mの円墳ですが、墳丘はかなり流失しています。横穴式石室は玄部岩の自然石を使用した大型の玄室がほぼ完存していて、全長8.22m、玄室長6.35m、幅2.4m、高さ2.3m、羨道長1.87m、幅1.6m、高さ1.32mの両袖式です。玄門は天井が一段低くなっていて、閉塞石も良く残っています。羨道は短いですが、石室前が崖で崩れているので、もう少し長かったかもしれません。六世紀後半の築造で、追葬が行われています。

石室前が崖で、羨道入り口は崩れている

石室入り口、閉塞石が残る

巨大な玄室

玄室奥から外、羨道部は土嚢で保護されています。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system